見出し画像

公園で着用すると格好良さ3割増し。

本日はパパバッグとは別の撮影日だったのですが、モデルを元祖パパバッグモデルのTさんにお願いしていた為、無理を言ってパパバッグの追加撮影もさせていただきました。

ちなみに別の撮影とは、"家族川の字"がテーマの「繋がる布団」。
こちらはまた別の機会にご紹介します。

画像9

実は、Tさん、3児の父で元ラガーマン。
ポジションはウイングで点取り屋。
となれば、本日夜から行われる日本vs南アフリカの戦いを前に、みんなでラグビーをするしかない。
モールで押し込んだり、オフロードパスで繋いだり、ジャッカルを決める。
こんなこと、経験者がいる時じゃないとできない!

画像1

※この画像にはパパバッグは写っていません。

やはりパパバッグは外が似合う

さて、ラグビーをしながらパパバッグも着用していただき、子どもと遊ぶ延長で撮影をすることができました。
リアルな現場からの撮影画像がこちら。

Kモデル/ブラック

画像2

Kモデル/インディゴ

画像3

どうですか。とても楽しそう。

ラグビーは15人で1チームのスポーツですが、それぞれに役割があります。
フォワードやバックス、フォワードの中でもフロントロー、セカンドロー、サードローなど。
ちなにみ私はドラマ「ノーサイドゲーム」からのラグビーファンなので、超にわかです。
うちの息子はぶつかるのが苦手で、笑いながら逃げるのが大好きなので、是非ウイングとして敵をほんろうしながらトライを決める、そんな選手になって欲しいと思いました。

Kモデル/ブラウン

画像4

Hモデル

画像5

harupitogramさんのモデルは公園と言うよりアーバンライフ的なイメージもあるので、ちょっとウッドな壁の前で撮ってみました。
シンプルな服装に映えるバッグ!まさに!

Yモデル

そして「公園に行こう」がテーマのゆむいさんモデル。

画像6

やはり、公園が似合います!

画像7

評判も上々

今回の撮影で、初めてクリエイターズモデルを生で見たモデルさん。
どのデザインも格好良いと大絶賛していただきました。
実際にパパバッグは外が似合います。

クラウドファンディングが開始した後、公園でピクニックしながら試着体験ができる場、または親子ラグビーを楽しみながら試着体験ができる場を設けようと、現在プロジェクトチームで検討中です。

詳細が決まりましたら、noteやFBグループ、クラウドファンディングページよりご案内させていただきます!

さて、次はいよいよクラウドファンディングのプラットフォームを決定します。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

グループへの参加をお待ちしています
また、本プロジェクトについてはフェイスブックのグループでも情報共有しています。
どなたでもご参加いただけますし、途中でグループを外れるのもOKです。
まずはお気軽にご参加ください。

 
FBグループはコチラ「パパバッグ クリエイターズモデル プロジェクト」
https://www.facebook.com/groups/458018731425827/

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
4
子育て応援ブランド「papakoso(パパコソ)」運営。大切にしている想いは「Share with~」。家族と共有、親子で共有。 (株)ワンスレッド代表取締役/睡眠環境・寝具指導士(第190104号)/タオルソムリエ(第2066号)/日本子育て学会認定子育てコミュニケーター

こちらでもピックアップされています

NEWプロジェクト「パパバッグクリエイターズモデル」
NEWプロジェクト「パパバッグクリエイターズモデル」
  • 34本

「パパの子育てから、家族に笑顔を」 パパバッグの新デザイン、クリエイターズモデルのプロジェクトです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。