見出し画像

マック技報_20TR06

マックエンジニアリング株式会社・技報担当
マイクロリアクター専用ウェブサイト》 

 今回は、前回に引き続きFlow Chemistry(以下FC)に関連する有用なサイトの紹介(その2)の「企業」編です。FC関連企業は、考えている以上に(国内外に)多くありますので、全部はとても紹介しきれません。悪しからずご了承下さい。

1. FC関連企業

1-1. フロー精密合成コンソーシアム(FlowST)法人会員
 公式ウェブサイトの「コンソーシアムの体制」の欄には、法人会員として(この文章を書いている時点で)102社、掲載されています。その法人会員の会社公式サイトをご覧下さい。
1-2. フロー・マイクロ合成研究会(GRAMS)法人会員
 公式ウェブサイトの「法人会員」の欄には、(この文章を書いている時点で)75社、掲載されています。(リンクもありますので)その法人会員の会社公式サイトをご覧下さい。

2. マイクロスケール有機合成実験キットを販売している企業(厳選3社)

 フロー合成を検討するに当たり、まずは少量の試薬によるバッチ合成を行う機会も多いと思います。その際には、マイクロスケールでの合成を検討してみては如何でしょう。

6-1. Ace Glass
 スペード印で有名なガラス器具メーカーで、そのマイクロスケール実験器具は多くのマイクロスケール実験書にも記載されています。

6-2. DWK Life Sciences(Kimble)
 もともと、マイクロスケール実験器具を扱っていたKimbleがDuranやWheaton両ブランドと統合されたようです。

6-3. Sigma-Aldrich
 有名な試薬メーカーですが、Aldrichブランドだけでなく、Kimble/Kontes、Ace両ブランドのマイクロスケール実験器具も扱っているようです。


今回はこれまで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
4
ラボ用フローリアクター(PFR&CSTR)普及のために情報発信します。具体的には、基礎的な情報、連続フロー合成のオリジナル実施例(モデル実験)、注目の論文、製薬業界等における連続生産の最新の動き、等々、様々な関連情報をnoteから発信します。