見出し画像

2022ドラフト展望~大学生投手編~

おまつ竜

左腕が豊富だった昨年に対し、上位候補から中位までは候補が揃ってきた今年の大学生投手。

今年の目玉は矢澤 宏太(日体大)。
野手としても高い能力があり、大谷(エンゼルス)以来の二刀流起用も噂されています。そんな矢澤ですが、1位評価を受けるのは投打両方に力を発揮できる総合力と潜在能力の高さ。
中日も指名候補に挙げていますが、投手だけの能力を見ると投球の幅や球種が少なく、1年目から1軍で大活躍は難しいと見ています。
もちろん「投手で使えなければ野手で使えばいいじゃないか」という意見も理解できますが、左投げで守備位置が外野手に絞られる為、外野が飽和状態の中日が矢澤を起用する事は難しくなっています。
さらに矢澤本人が二刀流起用に拘るのであれば、しっかりとした育成プランの作成が求められます。出来ないようであれば、指名を見送る事がお互いの為では。

矢澤の指名についてまとめると
・投手指名なら賛成。ただ先発起用するならチューニングが必要。救援なら1軍でも起用可能。
・野手評価なら指名見送り。
・二刀流起用なら育成プランをきっちり作成する。そこまでの度量がないなら指名は見送る。
ただ才能溢れる選手である事は間違いありません。正直矢澤との縁は薄いと思いますが、もし指名したとしても温かく迎えたいですね。

他に有力な1位候補が曽谷龍平(白鷗大)。150キロを超すストレートに加えて空振りを取れるスライダーとカットの威力も圧巻。スペックなら今年の大学生投手ナンバーワン。矢澤より中日の補強ポイントに合致していますし、1回目の入札が曾谷なら異論はありません。懸念点があるとしたら球種が少ない為、打たれる時はあっさり打たれる所。そこを伸びしろと見るかで競合数は変わると思いますが、1位はほぼ間違いなし。

他に上位指名が予想されるのが金村尚真(富士大)、荘司康誠(立教大)、加藤泰晴(上武大)、青山美夏人(亜大)、菊地吏玖(専修大)。このあたりはハズレ1位から2位までで名前が呼ばれそうなメンバー。どの投手も力がありますが、希望を言うなら荘司。他の投手と比べてストレートが速く、空振りが取れるスプリットも魅力。春季リーグで安定した投球を披露しており、1回目の入札で指名される可能性が一番高いのも荘司。1回目の入札が荘司になっても見合った成績は残してくれるのでは。

中位以降だと先発型なら仲地礼亜(沖縄大)、渡辺翔太(九産大)、村上幸人(福岡大)、神野竜速(神奈川大)、救援タイプなら西隼人(関学大)、才木海翔(大経大)、羽田野温生(東洋大)、眞田拓(名城大)が候補。特に安定感がある仲地、神野は上位で先発投手の指名が出来なかった球団は狙ってくるはず。リリーフ起用が予想される才木、羽田野は投げてるボールは上位クラス。ただ才木は制球力、羽田野は今春のアピール不足がどこまで評価に響くのか。眞田はあまり取り上げられない投手ですが、テークバックが小さいフォームからストレートと落ちるスライダーを投げる姿が浅尾(元中日)を彷彿とさせます。地元出身という事で贔屓目に見ているのかもしれませんが、能力はあります。吉報を待ちたいですね。

しかし、ここまで上げた投手達は矢澤、曾谷以外は全員右投手。
左投手は数が少なく、伊原陵人(大商大)、久保玲司(近大)、松本晴(亜大)あたりが候補。ただ昨年の隅田(西武)、佐藤(西武)、黒原(広島)と比較するとスペックで見劣りする以上、今年の市場でも彼らを中位以上に推す事は難しい。中日が彼らをどこまで評価しているかはわかりませんが指名するチャンスがあるとしても下位指名が精一杯。このセクターは社会人投手との兼ね合いになるのでは。個人的にいえば今の中日にはいない軟投派の久保が面白いとみていますが、どうなるか。

全容を見ると右投手は例年並み、左投手は矢澤、曾谷以外は力量差がはっきりしています。
優先順位が高いのは左投手なので、希少性も考えると曾谷の1位指名がベスト。ですが競合が考えられる以上、2回目の入札選手も考えないといけません。その場合大学生投手なら荘司が候補。荘司も取れないのであれば、思い切って社会人投手、あるいは野手に切り替える柔軟性が必要になります。
課題の左投手ですが、曽谷を指名出来なければ、大学生左腕は指名見送りを考えないといけません。ここは前述したように社会人から狙っていくしかないでしょう。
いずれにしても、投手力強化は必須の課題。右腕に関しては候補はそれなりにいますし、上位で1名は確実に確保したい。

次回は大学生野手について書く予定です。

この記事が参加している募集

ドラフト会議

おまつ竜
関西在住の中日ドラゴンズファン。ドラゴンズやドラフトについてあれこれ話していきます。