おまつ竜

関西在住の中日ドラゴンズファン。ドラゴンズやドラフトについてあれこれ話していきます。

おまつ竜

関西在住の中日ドラゴンズファン。ドラゴンズやドラフトについてあれこれ話していきます。

    マガジン

    最近の記事

    2022ドラフト展望~まとめ~

    ドラフト会議まであと1ヶ月を切りました。 ペナントレース中という事もあり、まだまだ本格的な情報は出ていませんが、今回は今まで挙げてきた選手を合わせて、どのような指名をしてほしいかを書いていきます。 まずは入札1位。 私が最も入札してほしい選手は曽谷(白鷗大)。 弱点である左投手を補強出来るという観点もありますが、やはり一級品の素材である事が指名理由。他に上位級の左腕が矢澤(日体大)のみである希少性を考慮しても1位に相応しい存在です。 ただ競合は避けられないと考えるのが妥当な

      • 2022ドラフト展望~独立リーグ編~

        今回は独立リーグの選手について。 独立リーグの選手は動画を見た印象での判断が主となりますので、ご了承ください。 まずBCリーグで指名有力なのが西濱勇星(群馬)、長尾光(武蔵)、太田大和((武蔵)の高卒3投手。この中では西濱が特に気になっていて、目に付いたのがストレートの威力。変化球に課題はありますが、ストレート単体で見れば、今年の上位候補の投手達と遜色ありません。長尾は強豪の高校出身なだけあり、ピッチングに安定感があり試合を壊さない投手。ただ明確なウリが見つけにくく、優先順

        スキ
        1
        • 2022ドラフト展望~社会人野手編~

          今回は社会人野手について。 上位クラスの選手は不在で、中位級以降の選手はそれなりに揃っている今年の市場。 筆頭は中山遥斗(三菱重工EAST)、平良竜哉(NTT西日本)。 共に打力が高い上にセカンドが守れる貴重な存在。 中山は名門校を渡り歩いてるだけにプレー1つ1つに落ち着きがあり、安定した成績を残せそうな好打者タイプ。対して平良は小柄な体格をものともしないフルスイングが魅力のスラッガー。平良に関しては成績の振れ幅は大きそうですが、ハマればとんでもない成績を出せるポテンシャ

          スキ
          3
          • 2022ドラフト展望~社会人投手編~

            今回は社会人投手について。 今年の目玉は吉村 貢司郎(東芝)。既に指名解禁済みですが、来季すぐに1軍のローテーションで投げられる投手は?と聞かれれば、吉村が真っ先に挙がるでしょう。平均140キロ中盤のストレートに加え、フォークで三振が取れるピッチャー。制球力も安定しており、ゲームを壊さない安心感を持っています。 懸念点は来季26歳を迎える年齢面。10勝近くの勝ち星を1年目から求めないと割に合わないのが正直な所。またキレのいいストレートを投げる投手の宿命ですが、フォームが打者

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 2022ドラフト展望
            おまつ竜
          • 2021ドラフト展望
            おまつ竜
          • 中日ドラゴンズ選手寸評(前半戦)
            おまつ竜
          • 2020ドラフト展望
            おまつ竜

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            2022ドラフト展望~大学生野手編~

            今回は大学生野手について。 今年は矢澤 宏太(日体大)、蛭間 拓哉(早大)が1位候補。 矢澤は大学生投手の記事でも挙げていますが、身体能力を活かしたプレーを見ると、野手矢澤は上位候補といっても差し支えないレベルの選手です。 蛭間は高校時代から有名なスラッガー。長打力に加え、走力もそれなりにあり、名門早稲田でコンスタントに活躍し続けている確実性も評価されています。 他に上位候補では澤井廉(中京大)、森下翔太(中央大)、萩尾匡也(慶応大)が候補に上がります。特に澤井は地元の選手

            スキ
            9

            2022ドラフト展望~大学生投手編~

            左腕が豊富だった昨年に対し、上位候補から中位までは候補が揃ってきた今年の大学生投手。 今年の目玉は矢澤 宏太(日体大)。 野手としても高い能力があり、大谷(エンゼルス)以来の二刀流起用も噂されています。そんな矢澤ですが、1位評価を受けるのは投打両方に力を発揮できる総合力と潜在能力の高さ。 中日も指名候補に挙げていますが、投手だけの能力を見ると投球の幅や球種が少なく、1年目から1軍で大活躍は難しいと見ています。 もちろん「投手で使えなければ野手で使えばいいじゃないか」という意

            スキ
            7

            2022ドラフト展望~高校生野手編~

            捕手と遊撃手が比較的人材豊富ですが、小粒な印象が拭えない今年の高校生野手。 高校生投手と同様、現時点で1位指名級の選手は不在。 上位指名候補なら内藤鵬(日本航空石川)、松尾汐恩(大阪桐蔭)が有力。内藤は地元愛知県出身の右打ちのスラッガー、松尾は捕手に加えてショートも出来る貴重な存在。 どちらも上位指名の傾向が強いポジションで、特に内藤は地元名古屋出身のスラッガーでスカウトもマークしているでしょう。しかし、ポジションがサードである以上、指名したとしてどこで使えばいいのかが分か

            スキ
            2

            2022ドラフト展望~高校生投手編~

            ドラフト1位を4名輩出した昨年と比べると現時点で1位指名確約の選手は見当たりません。その中で上位指名が予想されるのが川原嗣貴(大阪桐蔭)、斎藤響介(盛岡中央)、森下瑠大(京都国際)。川原、斎藤は潜在能力の高さを感じさせますが、細身でまだまだ未完成の投手であるが故に育成には時間がかかるでしょう。球団によって評価が分かれるのでは。森下は完成度が高く、川原、斎藤よりは早い段階から活躍の計算が見込める左投手。球威不足な側面はありますが、どこの球団も高評価を与えていると思いますし、早い

            スキ
            4

            2022ドラフト展望 ~今年の補強ポイント~

            早いもので、10月20日のドラフト会議まであと3か月を切りました。 今年のドラフトは1位指名確定レベルの選手が少なく、例年以上にスカウトの目利きが見極められる年になります。 まずは補強ポイントの確認から。 ①即戦力の先発投手 ②即戦力のリリーフ投手(左が最優先) ③即戦力の二遊間 ④一年目から試合に出場出来る捕手 ⑤将来の柱となる高校生投手 優先順位が高い順番に並べてみました。  ①は言わずもがなですが、②③は人数が少ない事情もあり、今すぐにでも増員が必要なポイント。上位

            2021年指名選手振り返り(5位、6位編)

            前回に引き続き、5位6位選手の振り返り。 星野真生(豊橋中央高) 内野手 右投右打 【長所】 ・守備の上手さ ・小力がある打撃 【懸念点】 ・プロの投手のスピードにどこまでついていけるか 【ライバル選手】 ・三ツ俣大樹 ・溝脇隼人  ・土田龍空 【将来像】 ・井端弘和(元中日) 毎年地元枠になっている5位指名ですが、今年も例に漏れず、地元の高卒内野手を指名しました。土田とはタイプが違う内野手で、差別化が図れるのが強み。来季は根尾か土田の1軍帯同が増える事が予想され

            スキ
            2

            2021年指名選手振り返り(3位、4位編)

            今回は3,4位指名選手の振り返り。まずは3位の石森から。 石森大誠(火の国サラマンダーズ) 投手 左投左打 【長所】 ・奪三振能力の高さ ・ストレートの速さ 【懸念点】 ・制球難 【ライバル選手】 ・橋本侑樹 ・岡田俊哉 【将来像】 ・エスコバー(横浜) 唯一の投手指名となった石森。ソフトバンクとの練習試合を見た印象ではストレートに威力があり、圧倒的な投球を見せていました。 上位指名の声もあり、中日の順位までには残っていないと思っていましたが、他にも好左腕がいた事

            2021年指名選手振り返り(2位編)

            今回は2位指名選手編。まずは長所、懸念点、ライバル選手、将来像について。 鵜飼航丞(駒澤大) 外野手 右投右打 【長所】 ・たぐいまれな長打力 ・意外な脚の速さ 【懸念点】 ・荒削りな打撃 ・守備力 【ライバル選手】 ・福田永将 ・平田良介 ・鵜飼航丞 ・福元悠真 【将来像】 ・杉本裕太郎(オリックスバファローズ) ドラフト前は大学生野手BIG3の1人と持ち上げられていた鵜飼。正直打撃が荒っぽい選手と見ていて、中位指名を想定していましたが、2位と想像以上に高い順

            スキ
            1

            2021年指名選手振り返り(1位編)

            今回から指名選手の振り返り。まずは1位指名選手から。 ブライト健太(上武大) 外野手 まず長所と懸念点、ライバル選手、将来の選手像を下記に記しました。 【長所】 ・身体能力の高さ ・大きい当たりを打てる長打力 ・脚の速さ 【懸念点】 ・時折故障してしまうフィジカル面の弱さ ・打球の追い方のおぼつかなさ ・荒削りな打撃 【ライバル選手】 ・平田良介 ・鵜飼航丞 ・福元悠真 【将来像】 ・鈴木誠也(広島カープ) 今年の補強ポイントは野手。特に外野手の打力不足は深刻で

            スキ
            1

            2021年ドラフト結果

            2021ドラフトも無事に終了しました。今回はドラフトの結果について。 1位 ブライト 健太(上武大) 投手 右投右打 2位 鵜飼 航丞(駒沢大) 投手 右投右打 3位 石森 大誠(火の国サラマンダーズ) 投手 左投左打 4位 味谷 大誠(花咲徳栄高) 捕手 右投左打 5位 星野 真生(豊橋中央高) 内野手 右投右打 6位 福元 悠真(大商大) 外野手 右投右打 正直な感想は「指名バランスが極端すぎる」「投手に故障者が出た場合、誰がカバーするのか?」といったネガティブな印象

            スキ
            5

            2021ドラフト展望~まとめ~

            今回はドラフト全体の展望や指名選手の予想について。まず予想される指名パターンを下記に記しました。指名人数は6名を想定しています。 パターン① (即戦力投手1位指名) 1位 : 投手(即戦力。先発タイプ) 2位 : 大社外野手(スラッガータイプ) 3位 : 高校生野手(スラッガータイプ) 4位 : 大社投手(リリーフタイプ) 5位 : 大社内野手(二遊間) 6位 : 大社投手(リリーフタイプ) パターン②(野手1位指名) 1位 : 外野手(スラッガー) 2位 : 大社投手(

            スキ
            2

            2021ドラフト展望~社会人野手編~

            前回の予告通り、社会人野手について 上位指名確実な選手はいませんが、可能性があるとしたら、水野達稀(JR四国)。打撃力が高い選手で、1年目から活躍していて巷では1位指名もあるのでは?と評される遊撃手。 高卒社会人という事もあり、21歳と若いのも魅力の1つ。長打を連発するタイプではありませんが、二遊間が欲しい中日にとっては欲しい選手の1人でしょう。ただ根尾と同年齢という事もあり、水野を指名すると、根尾は別ポジションへのコンバートがほぼ確実。根尾、水野にとっても中日にとっても、

            スキ
            1