見出し画像

アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダーテクニークとは、アレクサンダーさんが創始した、体の運用法のことで、心身共に健やかに過ごすテクニックらしい。

バイオリニストや声楽家、バレエなど、演じたり、体で表現する分野でよく取り入れられたらしく、いろんな書籍があったので5冊図書館で借りてしまった。

リチャード・ブレナンのアレクサンダーテクニーク完全読本は、写真が多いが、演劇のように、ちょっとわざとらしい姿勢が多く、敬遠してしまっている。

バーバラ・コナブル、ウィリアム・コナブルの「アレクサンダー・テクニークの学び方~体の地図作り」が気に入っている。お堅い教科書(実際テキストとして利用されたものらしい)チックながら、導入から工夫されていて、徐々にわかっていく感じでいい。

「押し下げる」という姿勢のわるさから体を開放する、というようなことが書いてある。首の筋肉の使い方で、全身の緊張がどうなるか決まるらしい。

首の負担を意識しただけで、ちょっと楽になった。

で、動くときは頭から動くのが本来的なうごきらしい。

2足歩行を爆弾のように言う学者もいるが、長年かけて「いい動き」を追求したアレクサンダー・テクニークはなかなか面白い。人体の潜在力を引き出すテクニックに釘付けである。

ヨガとかのつぎに来る流行りと言われているらしく、読んでくださっているあなたもかじってみたらどうだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!\(^o^)/コメントやフォローもぜひ!
5
医学部中退の詩人、ギタリスト。通信の大学を卒業。生活相談員の修行中。 日々、雑感や写真と詩?を投稿し、たまに役に立つこと(医療福祉のマガジンあります。一部有料)を書くが必要な人に届くか?!https://profile.coconala.com/users/1523678

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。