剥がれない川

指先で手羽先を分け離すとき風を含んだ骨はそらいろ
そちらへと橋を渡して手をとれば年齢不詳の子どもでいられる
遠いもの大きくなるのがもう嫌で砂浜みたいに簡単がいい
鍋底に並びきれない醜態を煮詰める所作のうつくしいことよ
懸命に懸命にってコンビニの灯りの辺りで頼りなくなる
すぐ横で触れていたかった心臓に創った魚の詩を聞かせてる
暗誦できる言葉と湯冷ましの水をふたりのようにそのままにする
日常のふりをしたまま三個入りがパックのサランラップに包まる
生ぬるい芯を抜かれる脊柱の空隙にまた生えてくる足
コカコーラを下から上になぞりつつ溶けだしてゆく踵 礫島
#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
未来短歌会彗星集/2011年歌壇賞次席 /「オワーズから始まった。」(書肆侃侃房、ユニヴェール) /橄欖追放にも掲載されています。 http://petalismos.net/tanka/kanran/kanran210.html
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。