見出し画像

業界人スノ担が見たあまりにもどかしい「#佐久間大介声優デビュー」

先日の「#佐久間大介声優デビュー」に関して我が家でも話題になったので(私が話題にしたのですが)、こういう側面もあるということをわかって頂きたく書き連ねます。

我が家は夫婦共々メディア業界に勤めています。私自身がスノ担ですし、ひとりの意見では偏りがあるかもしれないので極力フラットに夫に話を振ってみたところ、同じ反応でしたので以下はわりと一般的な考えだと思います。


なぜ佐久間大介が起用されたか

佐久間さんが声優デビューをする日、「スノ担はアニメの公式タグ#ブラクロは付けないように」という旨のツイートが複数私のTLに流れてきました。いずれも数千のいいねがついた状態で。

あぁまたか…。スノ担の気遣いから来た行動なのは百も承知ですが、正直なところStories解禁の時と同様、制作サイドからすればとてもじゃないがたまったもんじゃありません。


佐久間さんの声優起用は話題性ありきの起用でしょう。

佐久間さんを起用することでブラクロに注目を集めることができる=宣伝になる。

佐久間さんの夢が叶い、ブラクロの宣伝にもなってwin-win。

…のはずが、作品名を出すなとは何事!?!?!?


佐久間さんのアニメ愛とリスペクトの姿勢は今更疑う余地もありませんが、彼の声優起用は夢を叶えてあげるため「だけ」の起用ではないはずです。

現にブラクロ公式Twitterアカウントはブラクロ公式タグの使用を強く推奨していましたし、テレビ東京宣伝部のアカウントもトレンド順位を逐一チェックしていたようです。

私も業務がてらリアルタイムでTwitterをチェックしていましたが、結果は「#佐久間大介声優デビュー」が放送中からトレンドのTOP10内に入り続け、「#ブラクロ」は放送終了後にトレンド下位に一瞬現れただけで終わってしまいました。

この状態を客観的に見て、どうでしょうか?
佐久間さんがアニメの声優デビューができたことだけが重要で、いわば作品なんてなんでもいいようなお祭り状態。下手すると、作品にいっさい触れずに佐久間さんの声優デビューだけを喜ぶのは、ブラクロという作品を“夢を叶えるための単なる道具、踏み台”のように扱っているように見えてしまうことに気づきませんか?

ブラクロの制作サイドさんは原作にはない、佐久間さんそっくりのマクサ・ノースというキャラクターを作ってくださいました。佐久間さんも初めての声優仕事に真摯に取り組まれたようで、関係者の方々からとても好意的に受け入れられていましたよね。

スノ担の方々はブラクロに対する感謝やリスペクトはありましたか?
もちろんあったとは思いますが、それを伝えるお手軽な手段そして最善手がトレンドに入れて盛り上げることだったのではなかったか。ついでに言うと制作サイドからしてもありがたい手段だったかと…。(後日ハガキなどで伝える方も素晴らしいと思いますが。)


ビジネスであることを忘れてはいけない

タグ使用の自粛呼びかけは、ブラクロファンを気遣った行動なのはわかります。しかし、もしこのような呼びかけがなければ「#ブラクロ」もトレンドの上位に入っていたことは間違いないはずで、制作サイドもさぞ喜んだことでしょう。

ここで言いたいのは『ファンの心情だけではなく制作サイドの意図を汲むべきだ』ということ。

アイドル、声優、アニメ、、、ファンありきの文化ですが慈善事業ではありません。すべてビジネスなんです。

Snow Manを起用することでどんな効果があるのか。
雑誌や化粧品などは売上としてダイレクトに数値で測ることができますが、テレビではほぼ測れません。手っ取り早く測り取れるのがSNSの反響です。

「佐久間さんを起用したのにブラクロの話題性は思ったより伸びなかったな…」
こう思われてしまったらタレントとしての価値は下がってしまいます。

何度も言いますが、タグの自粛は気遣いからくるものだったことはわかります。
ただ、統制するまでの必要はあったのかどうか。
ブラクロのファンの方全員がスノ担を拒絶していたのでしょうか?

一部のファンの顔色を伺うあまりに、Snow Manのタレント価値を下げるような行為はあまりにもったいないです。


ジャニーズファンの傾向

ジャニーズのファンは全体的に年齢層が低いこともあって意見が流されやすい人が多い印象で、ひどい時だと集団ヒステリーのような現象が多々起こります。正しいと思うものもあれば中にはトンデモ意見だと思うものも。何が正解かはっきり判断できないものもあります。
だからこそ、ひとりひとりよく考えて自分の意見で行動してほしいのです。

たとえば逆の立場だったら。
もし、それスノに他界隈のゲストが出演したとして、そのファンの方々がそれスノを話題にして大いに湧いてくれたいたら。逆にもし、それスノやSnow Manにいっさい触れず「推しがよかった!」とだけ盛り上がっていたら。
どうでしょうか。

今は私も含め、SNSで誰でも意見を発信できます。
意見だけならまだしも、行動を促すものは果たして本当に正しいのかどうか。そうする必要があるのかどうか。それをしてどのような影響があるのかどうか。

今回のこのnoteの内容はブラクロの制作サイドは微塵も思ってないかもしれませんしね。

今回の件でいろいろ考えてみてほしいと思いました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。