音感トレーニング実践講座|メロディ編②

ここでは音感のアウトプットのトレーニング、つまり音を聴いて階名を思い浮かべるスキルの鍛え方を具体的に紹介しています。またずっしーの音感トレーニングアプリの使い方もまとめました。動画や図解、音源のサンプルも豊富に用意しわかりやすくスムーズに進められるようになっています。例題に挑戦しながら実践的に学んでいきましょう。

この記事のトレーニングはずっしーのサイトの耳コピアレンジ習得法「音感の鍛え方~音階編ラスト~」を読んで理解したうえで取り組んでください。

Ⅰ.「音→階名」の方向のトレーニング方法

アウトプットには2種類の方向があるんでしたね。ここで扱う「音→階名」の方向のアウトプットは「音を聴いてそれが階名で何の音かわかる」という能力。これはそのままダイレクトに耳コピ能力につながります。

アウトプット_階名

ここで紹介する方法でアウトプットを鍛えていけばメロディを耳コピする能力がつくということです。目指すその耳コピレベルは「鍵盤で探り探りメロディを取っていける」というものではなく「メロディを聴いただけでその階名が浮かび正誤を鍵盤で確かめることなく確信できる」というレベルです。

これができるようになれば頭の中で思い浮かべたメロディも階名として聞こえるようになります。

あまり知られていないことですが、このような音感が備わっていると演奏も間違えにくくなるという効果もあるのです。意味も分からず鍵盤の順番を丸暗記するのと違い、「音感 ⇔ 調 ⇔ 階名 ⇔ 鍵盤」のように記憶がいくつもの要素とリンクしているため意味のある動きが見えて、ど忘れなどすることがなくなるからです。もちろん、曲を覚えること自体もどんどん楽になっていきます。

さてさてそんな一石三鳥な音感を是非とも身に着けていきたいですね。ここからは「音→階名」の方向のアウトプットトレーニングの具体的な方法と取り組み方を例題とともに紹介していきます。はりきっていきましょう!

この続きをみるには

この続き: 4,676文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。

または、記事単体で購入する

音感トレーニング実践講座|メロディ編②

ずっしーの耳コピアレンジ講座

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
65

こちらでもピックアップされています

音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤
音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤
  • 6本
  • ¥2,480

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。

コメント (13)
ずっしーさん詳しく教えてくださりありがとうございます!

ベースラインやコードの動きなども移動ドで捉えていきたいと思います。

そしてコードの音の仕組みを理解していきたいと思います。

そしてすみません後から質問が出てきましたので是非お願いします。自分はギターで移動ドで捉えていきたいと思っていますが、ずっしーさんもピアノでは変ホ長調など黒鍵使う時でも全て移動ドで捉えられているのでしょうか?小さい頃から教えられてきたCがド、レがDとかによってまぎらわしく感じたりすることはないでしょうか?

よろしくお願い致します。
>danmakotoさん
はい、すべて移動ドでとらえています。どういう風に見えているかというと、どんな調でもそれに合わせてドレミが↓このように見えています。
https://zussie-piano.com/scalelist/

見えている、というより「見えるように訓練した」という感じですね。何の訓練もしなければおっしゃる通り紛らわしく見え混乱しますがピアノで全調しくみが見えるようになるためにはどの調も同じようにずらして見えるようになる必要があるのです。これが見えるようになるための訓練は音感のトレーニングとは関係なく全く別で視覚的な練習が必要なだけなので根気の問題と言えるかもしれません…
とはいえ最初は理論や音感のトレーニングだけに力を注いだ方が効率的なので黒鍵が入ってくる調はトランスポーズ機能を使ってハ長調/イ短調にずらしたりするのを推奨しています。特にピアノ以外の楽器が本流の方なんかにはトランスポーズ機能は大きな助けになるでしょう。もちろんdanmakotoさんのようにギター上で理解するのもありです。(余談多めでした)
本当にありがとうございます。疑問がなくなったのでこれで心置きなく訓練に励めます。ずっしーさんのようにアドリブ 出来るように頑張りたいと思います。
ずっしーさんがピアノ未経験でこれだけの知識を独学で学ばれたのはもう尊敬するしかないです!
私は22歳までピアノを習っていましたが譜読みも遅いし、暗譜も苦手、練習は嫌い、もちろん即興なんかはるか彼方のスキルだと思っていました。22歳以降はほとんどピアノに触ってなくて、50歳を過ぎてずっしーさんを知りもう一度ピアノに向き合って行こうと思いました。
アプリも速攻でインストールし時間がある時にやっていましたが、この記事を読んでからやるとすごくスコアが伸びました。色んなことを意識してやらなきゃ意味がないなと。そして50歳を過ぎてやるにはなかなか記憶力がついていかず、階名練習は最後のフレーズがちゃんと記憶できず、もしできるのならもう少し短めで練習問題ができたらと思いました。(わがまま!)よろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。