音感トレーニング実践講座|メロディ編③

ここでは音感のアウトプットのトレーニング、階名からを思い出すスキルの鍛え方を具体的に紹介しています。動画や図解、音源のサンプルも豊富に用意しわかりやすくスムーズに進められるようになっています。例題に挑戦しながら実践的に学んでいきましょう。

この記事のトレーニングはずっしーのサイトの耳コピアレンジ習得法「音感の鍛え方~音階編ラスト~」を読んで理解したうえで取り組んでください。

Ⅰ.「階名→音」方向のアウトプット

前章に続き、アウトプットのもう一つ「階名→音」の方向を鍛えていく方法の話をしましょう。

この方向のアウトプットがスムーズにできるようになれば、作曲編曲や即興演奏などのスキルにつながっていきます。なぜならこのアウトプットができるようになるということは「自分の頭の中だけでメロディを自由に再生できるようになる」ことを意味するからです。

自分の引き出しの中にあるパターンであればそれを自在に脳内で再生し、頭の中だけでも簡単な曲を作ることができるようになるのです。この頭の中で自在に音をイメージする能力が作編曲や即興演奏には必要というわけです。

アウトプット_音

ただこの「階名→音」の方向のアウトプットは前章の「音→階名」の方向より難易度は高いです。「方向が違うだけで難易度変わるのか?一方ができればもう一方もできそうじゃん」と思うかもしれません。ですが、実際そうはいきません。

これは漢字で例えるとわかりやすいです。みなさん、「読めるけど書けない漢字」ってけっこう多くないですか?これは「書く→読む」の方向はできるけど「読む→書く」の方向は難しいということです。でも「書けるけど読めない漢字」って無いですよね。

このようにあらゆるもののアウトプットの方向には上下関係が存在するのです。これが意味するところは、難しい方のアウトプットができれば簡単な方のアウトプットは自動的にできるようになるということでもあるのです。

この続きをみるには

この続き: 6,235文字 / 画像11枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。

または、記事単体で購入する

音感トレーニング実践講座|メロディ編③

ずっしーの耳コピアレンジ講座

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
67

こちらでもピックアップされています

音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤
音感トレーニング実践講座|メロディ編⓪~⑤
  • 6本
  • ¥2,480

音感トレーニング実践講座メロディ編をまとめてお得に購入できます。

コメント (15)
>きくちゃんさん
ご質問の状況は理解しました。Demonsという曲を聴いてみましたがこの曲はきくちゃんさんの書いておられるようにハ長調/イ短調のキーで間違いないです。メロディについても正確に把握できていますよ。僕の方でもこの曲を検索で調べましたがDマイナーと記述しているサイトはなくkeyが書いてないものしか見当たらないのでDemonsについてはハ長調/イ短調のキーで問題ないと思います。
ですがこういったことが他の曲でも頻繁に起こるのですよね?これだけだと何が原因かわからないのでDemons以外の曲でサンプルがあれば書いてみてください。
ずっしーさん
為になる記事をありがとうございます!
アプリもダウンロードして楽しく頑張っています

一つお願いがあります。
できれば上記のアウトプット練習用BGMの各楽曲のコード進行を教えていただけませんか?メロディ編➀のテンプレのように自分で伴奏を弾きながら練習したいなと思います。自分で耳コピはしてみたのですが、いまいちあっている自身がないので(特にスウィング)。
>ふゆさん
練習用BGMのコード進行を本文の方に追記したのでご覧ください。耳コピのためとのことなのでコードはかなり細かく表記しました(見づらいかもしれません)。とはいえコードの根幹であるベースだけ見ればどれも調の中だけで完結するシンプルなコード進行です。一点、「カントリー」の中で鳴っているバンジョーという楽器ではブルーノートスケールをいくつかなぞるようにしているのでFがF7っぽく聴こえたりCがC7っぽく聴こえたりするかもしれません。コードとして表記するほどではないので書きませんでしたが、念のため言っておきます。注意してその雰囲気を感じ取ってみてください。
ずっしーさん
ご丁寧にありがとうございます!引き続き頑張ってみます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。