16ビートパラディドル奏法の実践例題集① ~基本パターン編~

16ビートパラディドル奏法の実践例題集① ~基本パターン編~

16ビートパラディドル奏法をマスターしたい猛者のみなさん、ようこそ。この~基本パターン編~では文字通り、16ビートパラディドル奏法でまず非常によく出てくる基本のパターンを押さえます。古今東西どんなメロディでもこの基本パターンは頻出なので、まずはここから完璧にしていきましょう。

Ⅰ.「4+4+4+4」型メロディ

最初に説明しておくとこの「4+4+4+4」型というのはメロディのリズムパターンのことです。「4+4+4+4」型なら16分音符で4つずつ、つまりただの4拍子の拍と同じということになります。

4+4+4+4のメロディパターン

このようにして右手のメロディパターンを表記して例を載せていきます。

 ▶パラパラ度レベル1

この続きをみるには

この続き: 3,234文字 / 画像45枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

16ビートパラディドル奏法の実践例題集シリーズ①~③がお得に購入できます。

または、記事単体で購入する

16ビートパラディドル奏法の実践例題集① ~基本パターン編~

ずっしーの耳コピアレンジ講座

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!