見出し画像

「観自在菩薩真言の神威のチャクラ覚醒効果・図解入り」真言密教十三仏第十二仏:象気功

観自在菩薩(かんじざいぼさつ)は大乗仏教の代表的な菩薩で、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の別名で、一般的には観音様とも呼ばれ、仏教では慈悲を司ります。

密教では、観自在菩薩という名称の方がよく用いられます。

観自在菩薩の「観自在」とは、「自在に(世間の様相を)観察するもの」という意味で、衆生を注意深く正しく見守り、その働きが自由自在であることから名付けられました。

また、観世音菩薩の「観世音」とは、その名を一心にお唱えすれば、すぐにその声を聞いて救ってくださるという意味です。

観自在菩薩・観世音菩薩は、悩める者を救い、大いなる慈悲の心で人々を癒し、さまざまな現世利益をかなえてくれると言われ、もっとも信仰を集める菩薩です。

さて 一応のざっくりとした知識の羅列はこれぐらいにして、 観自在菩薩の真言・マントラの身体とあなたの運命に対する影響効果を、象気功の守り神である象の大神様からのお告げで公開するのである。

この真言の威力は あたしらバカにはまさに天の助け神の啓示である。

観自在菩薩の真言・マントラは、大いなる神威によりバカを治す真言・マントラである。

本当にこの真言を唱えるだけで「やらないよりはマシ」の範囲内でバカが治るのである。

誰が作ったのかは知らないが、まさに神威である。

仏なのに神威かよというご意見はなかったことにして、さて、 あたしらバカにどんな神の助け啓示のお告げがあるのか、バカバカと言い過ぎという苦情も聞き流して、どのようにバカを治すのか、どのようにバカの運命を変えるのか、例によってシンガポールのメンサの変なおじさん測定による論理力IQ200、図形認識力IQ160、数理力IQ72という超アンバランスな超天才画伯象師匠のめくるめく画力による図解入りで解説するのである。

ここから先は

3,815字 / 1画像

¥ 200

最後までお読みいただきありがとうございます。象気功は私の実体験によるメソッドです。私の運命が変わったように、あなたの運命は必ず良い方向に変わります。