糸紡弥生

作家を目指しています。
    • 極黒
      極黒
      • 4本
      • ¥100

      三年前に執筆した短編小説「極黒」を再掲。そして更に、続き物として再編集していきます。

固定された記事

極黒

夜の帳が降りる頃、灰褐色に錆び付いた廃墟に群がる、幾数羽の鴉(カラス)の群体のように。いや、群体、と表現するのは、私にはそれが、大きな黒い、得体の知れない、ひどく…

極黒
マガジンの購入者だけが見れます。

4:真夏の夜の羽虫みたいだ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

極黒
マガジンの購入者だけが見れます。

3:私はマクベスを持っていた

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

極黒
マガジンの購入者だけが見れます。

2:それはなんて理不尽で、救いようのない悲愴であろうか。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます