宗教法人M&A「禅譲ねっと」事務局note

宗教法人のM&Aを手がける「禅譲ねっと」のnoteになります。 宗教法人のM&…

宗教法人M&A「禅譲ねっと」事務局note

宗教法人のM&Aを手がける「禅譲ねっと」のnoteになります。 宗教法人のM&Aに役立つ情報を書いていきたいと思います。 ご興味・ご関心のある方はもちろん、そうではない方も見ていただけますと幸いです。 https://zenjoh.net

最近の記事

志ある買い手希望者が増えてきております

大変にご無沙汰をしております。 6月に入り、売り買い共に情報が入るようになってきました。 特に有難いのが、「志ある買い手希望者」が増えてきているところにあります。 寺社仏閣が地域社会に存在する意味や意義を深く考えていらっしゃる方が少なからず、若い世代で出てきているということが、私としては実に頼もしくそして有り難く考える次第です。 良く言えば強い公共心を持っている、ということです。商売っけがないと言ってそれまでなのかもしれませんが、これからの日本のことを大なり小なり考え

    • 休眠法人(不活動法人)の取り扱いについて

      告知記事となります。 サービスを展開し始めた2024年1月当初では休眠化した宗教法人でも売買の扱いを行う旨でおりましたが、下記事由により、今後は活動法人のみの取り扱いに切り替えることにしましたことをご報告申し上げます。 休眠法人(不活動法人)の取り扱いを辞めた理由端的に記載します。 国策による休眠法人の消滅加速化 休眠化した宗教法人の再起動に向けての障壁の高さ 新規の銀行口座開設が難しいなど、経済活動に伴う障壁 1,に関しては文化庁を中心に進めている動きとなります

      • 宗教法人格新規取得の厳しい現実

        表題の通り、宗教法人格の新規取得は大変に厳しいものとなっております。一説では年に1〜2件しか新規取得が叶わないケースが続出とのことです。 またある自治体に関しては、オウム真理教の事件があって以降、一切合切新規の申請を認めないというところもあるそうです。 加えて、2022年の安倍元首相銃撃事件のこともあり、ますますその締め付けは厳しく、国も休眠している宗教法人を消滅させる動きに出ております。 今回、お話をさせていただいたのはある寺院を100年以上にわたって経営されている寺

        • 門跡寺院「実相院」の土地売却騒動の雑感

          先だってSNS上で京都府にある門跡寺院「実相院」の土地が中国で売りに出されているというニュースを目にしました。 皇室にもゆかりのある由緒正しい寺院になりますので、これが海外の人間に手に渡ることを考えると大きな騒動になるのは無理もない話だと考えます。 私も、このニュースを見た時は、フェイクニュースの疑いもあるとみて半信半疑でしたが、実相院サイドで正しい情報を配信されたので一安心といったところであります。 昨今、中国国内の景気が活況を呈しているということもあって、中国人実業

        志ある買い手希望者が増えてきております

          宗教法人のM&Aサービス「禅譲ねっと」を始めたきっかけ

          皆様、初めまして。 「禅譲ねっと」事務局でございます。 この「note」では我々がどうして宗教法人のM&Aを手掛けようと考えたのか、そのお話を中心にM&Aにまつわるお話をさせていただければと存じます。 「禅譲ねっと」とはどんなサービスなのか「禅譲ねっと」とは2023年年末にローンチしたSolution-X合同会社が展開する宗教法人向けのM&Aサービスになります。 端的に言えば、宗教法人を売りたいと考えている寺社仏閣の方と宗教法人を買いたいと考えている投資家、経営者、宗

          宗教法人のM&Aサービス「禅譲ねっと」を始めたきっかけ