見出し画像

『今日はやる気が出ない…』そんな言い訳をしていた私が仕事をしながら合格率2%の壁を突破した『楽に物事を継続させる秘訣』


画像1

実際に記事を読んだ方々から次のような感想をいただきました

税理士試験合格者の九頭(くず)と申します。
税理士試験は科目合格制の試験で、5科目合格すれば合格者となれるわけですが

・5科目合格までの平均年数は約10年(合格者の平均年数なので10年かけて合格していない方の方が圧倒的多数と思われます)と言われている
・5科目合格者は毎年約2%しか誕生していない(令和元年は29,779人受験で749人合格のため、約2.5%)

という数字を見るとかなりの難関試験であることが分かります。
私自身、順調に合格できたか?というと、そうではなく

・同じ時期に勉強を始めた多くの同期に先を越される
・あまりに出来が悪すぎて同期の一人からは「向いてないんじゃないの?」とハッキリ言われる
・後から勉強を始めた多くの人たちにも先を越される
・お世話になっていた先生に不合格の報告をしたら「お前のせいで連勝記録が止まったよ」と嫌味を言われる
・合格のために大事と言われる暗記力、文字を速く書く能力が著しく低い

といったことを経験しているので間違いなく税理士試験に不向きな受験生だったと言えるでしょう。
しかし、そんな私でも合格できたのは受験生活の中で2つの武器を手に入れたからです。
それが

・物事を継続する能力
・多くの受験生を出し抜くことが出来る税理士試験の本質に迫る勉強法

といった2つの武器です。
この2つを有効に活かすことで合格者の中でもトップクラスの実力を身につけ合格できました。
こちらは私の試験1ヶ月半前の全国模試の結果です。
後で先生に聞いたところ、400番くらいまでが合格圏内ではないか?とのことですが(右側に順位が書いてあります)

画像2

受験者1964人のうち、35位に入っています。
これが本試験なら文句なしの合格です。
先ほどご紹介した2つの武器を活かして勉強を続けた結果、文句なしに合格できる実力を身に付けることが出来ました。
こちらでは私の武器の一つである
「物事を継続するための秘訣」
をご紹介したいと思います。

物事を継続させるために意識すべき3つの要素

私が物事を継続させることに特化していることを知ったのはここ数年のことです。
知り合いの方から
「物事を継続させる力が強い」
と言われたり
「やると決めたことは必ずやり遂げるタイプ」
と言われるようになったことがきっかけです。
確かに社会人になってから

・仕事をしながら6年間税理士試験の勉強をして合格した
・税理士試験合格後は仕事が更に忙しくなりながらも帰宅後に副業に取り組む
・日課としてランニングにも取り組み年間1000キロ以上のランニングを5年以上続けている

といったことをしているので、何かをコツコツ続けることが人よりも長けているのでしょう。
「いつも定時で帰れてるのかな?」
と思う方かもしれませんが、定時の5時に職場を出たことは少なく、繁忙期には自宅に着くのは22時~23時頃という中でやってきたことです。

その他にも長期の休みがあれば旅行をしたり、恋人がいればデートもしますので、人並みに遊ぶことも忘れてはいません。
なので、人並みに遊ぶことも忘れず、仕事をしながらも自己のスキルを身に付けることを続けてきたのです。
私は人からストイックに見られることも多いので
「お前だから出来るんだろ」
といったことを言われます。

しかし、これらは性格的なことはあまり関係が無く、続けるための「3つの要素」さえ掴めれば誰にでも出来ることです。

なぜ誰にでも出来ると言えるのか?
それは私自身が同じ悩みを抱えていた時期があったからです。
社会人1年目、仕事後に学校に通いながら週に2回の授業を受けていましたが講義中は全く話も聞かずに時計ばかりを見て、時々講義に出ないでサボるという明らかにやる気のない生活をしていました。
頑張ろうと思っても
「疲れて頭が働かない」
「今日はやる気が出ないから帰る」
そんな言い訳を自分にし続けていた1年間でした。
当然ながら学校内の成績は決して良くはなく、自宅での学習もほとんどなし。
試験1週間前に少しやる気を出したものの時すでに遅く、受験した2科目(所得税法・消費税法)は不合格に終わりました。

しかし、やる気が無かったとはいえ負けず嫌いの私にとっては不合格の結果は気分の良いものではありませんでした。
その時の反省を生かした結果、働きながらでも勉強や副業を続けられる仕組みを確立出来たので私にとっては、あのやる気の無い1年間は大きな転機となりました。
そして、その後5年間働きながら試験勉強を継続し、無事に合格を果たすことが出来ました。

私自身は学生時代から税理士試験の勉強をしてきたため、合格に10年以上の時間を費やしています。
税理士試験は合格者の中で特に優秀な方は早い方は2~3年で合格してしまいます。
なので決して優秀とは言えません。
というか出来の悪い部類の受験生でしょう。

そして、私よりも優秀だけど、思ったように学習が進まずに成果を出せない方が多いことも知っています。
「私よりもずっと優秀なのに合格してないんだ…」
という事実を知るたびに
勿体ない…
という気持ちにさせられます
なので、そういった方の飛躍のきっかけになっていただければと思ってこのノウハウをご紹介します。

こちらの記事ですが、本来は有料ですが多くの方のお役に立てればと思い、期間限定ですが無料公開することにいたしました!

以下の手順です。

1、私のTwitterアカウントのフォローをお願いいたします

https://twitter.com/zeirishikuzu

2、下記のツイートをリツイートしてください


3、私のTwitterアカウントご連絡をお願いいたします
(私へのDM・2のツイートのリプのどちらでも構いません)

確認が出来次第、こちらの記事のPDF版がダウンロードできるURLをお送りいたします。

なお、無料キャンペーンは予告なしで終了いたしますので、興味のある方は是非無料のうちに手に入れてください!

この続きをみるには

この続き: 8,817文字

『今日はやる気が出ない…』そんな言い訳をしていた私が仕事をしながら合格率2%の壁を突破した『楽に物事を継続させる秘訣』

九頭

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
2013年に税理士試験合格 50分で終わらせないといけない理論問題で60分以上使い、スピードの無さに悩まされる しかし、空欄が多くても人より点の取れる勉強法を確立し、全国模試で受験者2千人中35番に入る実力を付け合格 合格科目は 簿記論・財務諸表論・所得税法・消費税法・法人税法
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。