ブログとしてnoteを使ってみる。

「……はっ!」
 
と真夜中に目が覚めるのと同じレベルの頻度でしか、自分のブログを更新していない。理由はたんに僕が無精なだけなのだけれど、その無精な自分が投稿するには、僕のブログの投稿フォームはあまりに使いにくい。そのことが、さらに僕をブログから遠ざける。

 もともと書くことは好きなはずだし、現にfacebookにはちょくちょく投稿しているのに、「じゃあこれをブログに書くか」と思うと、あの投稿フォームの煩わしさにあえなく挫折してしまう。(もっとも、facebookに投稿しているのはわざわざ書くようなことでもない下らないことばかりだけれど)

 また、おそらくシステム上のエラーだと思うのだけれど、指定した文字強調が反映されなかったり、動画コンテンツをうまく表示できなかったりすることも、気が萎えてしまう理由のひとつ。

 できることなら自分のブログのシステムをまるっと刷新したいのだけれど、それも簡単にできることではないので、ひとまず外部のブログプラットフォームでなにか自分好みのものはないだろうか、と探すにいたった。僕が使いやすいことはもちろん、僕の文章を読んでくれる人には、読みやすいデザインで読んで欲しい。

 個人的な好みは「medium」と「tumblr」(あと「Hi」もなかなかいい)。とくにmediumは登場したときに、その洗練されたデザインに感銘を受けたのをよく覚えてる。見ているだけでも綺麗で楽しいし、文章も読みやすい。まるで一流のカルチャー誌を眺めているみたいだ

 ただ、両者とも twitter や facebook への共有機能が弱く、その点がどうしても気になってしまった。また両者とも英語圏のサービスで、日本語を打ちこむことはできるものの、日本語文章は英文ほど美しく表示されないことも、僕にとっては残念だった。

 そこで、このnote

 サービス開始時に派手に騒がれていたときには「ふーん」と横目で見ていたのだけれど、アカウントを作って、テスト文章を打ちこんでみたら、すごく使い勝手が良いし、レイアウトも綺麗。日本語が美しく、読みやすく表示される。写真だって見栄え良くおさめてくれる。



 まるでmedium、…………というかこれ、UIを含め mediumの日本語版そのものじゃないか! そっくりすぎて、逆にいろいろ大丈夫なのかいろいろ!

 それに書き手として、というかユーザーとして怖いのは、ある日突然サービスが終了してしまうこと。googleリーダーみたいに。自分が書きためた文章がある日どーんと消えてしまうのは寂しい。とくに立ち上げて間もないサービスはその恐れが大いにある。

 また追加して欲しい機能もある。
 せめて斜体の文字、アンダーラインは使いたい。なにより区切り線があると嬉しい(それも数種類)。ページデザインの統一性を担保するために、色文字や背景色を変えられない仕様なのは理解できるものの、一般的なブログ投稿システムで受け入れているような修飾は可能にして欲しい。現状はあまりにミニマル。

 とはいえ、僕が探していたものにいま一番近いのも事実。

 そんなわけで、すこしのあいだこのnoteにもマルチポストでブログを書いてみようかと思いました。かしこ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
小説家、脚本家。三田文学新人賞受賞。近著に講談社「夏のキグナス」「三軒茶屋星座館」、幻冬舎「オワ婚」、映画「未来予想図」など。公式サイト: http://www.shibazakiryuto.com/ FB:https://www.facebook.com/zackie1025

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。