新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

接種者・未接種者で分断なんかしていない。これは、「自分の意思で生きたい側」と「思考停止のままでいたい側」を対立させる作戦。

-
こんにちは、文筆業の藤沢優月です。


ずっと、違和感を覚えていました。
それは、こんな言葉・概念に対しての違和感です。

「この、『ワクチン接種』事案」
「それは、接種者と未接種者のあいだを、分断させる作戦」

ところどころで、野放図に聞く言葉に、疑念を覚えていました。
「本当に、そうだろうか」と。

-

今回の、いわゆる "コロナ騒動"。
いえ…… "ワクチン騒動"。

いたるところで、このような言葉を聞きます。
「これは、接種者と未接種者のあいだを、分断させる作戦」と。


ところが、私の周りでは別に、分断は起こっていない。
接種者・未接種者ともに、お互いの健康を願いながら情報を分け合い、仲よくしてます。

-

そうではなく、きっと、こういうことなんじゃないかな。

誰かから発せられた言葉を「うのみ」にせず、冷静に立ち止まって、丁寧に考えてみる。
すると、違う世界が見えてくる。


「これは、自分の意思で生きたい人間と、思考停止のまま、国とか政府とか、『誰か』にぶら下がったままで生きたい人間の、分断作戦」


これなら、心当たりです。
打ったか、それとも打たないかに関わらず、この分断なら、あると感じる。


ちなみにこの分断は、今回の "ワクチン騒動" に関わらず、はるか以前から存在している。
それが、今回の "ワクチン騒動" で、一気に顕在化しただけだと思う。

-

あらためまして、今回の "ワクチン騒動" が厄介なのは、こういうところだと思う。

「人間に与えられた、権利と自由を、強制的に奪うこと」
「生き方を一律・一方的に決め、"全員同じにせよ" と、強制してくること」


いわゆる「ワクチンパスポート」や「強制接種」の問題点は、ここだと思う。


この世界には、自分の意思で、自分で決めて生きたい人間がいる。

だってこれは、あなたの人生だし、私の人生ですもんね。

自分の身体や心、自分に与えられた時間を、どうしたいか。
それを、自分で決めるのは、当然の権利。


この記事を読みに来てくださったあなたも、そう考えるタイプだと思う。
……重ねて、打ったとか打たないという表面上の事実とは、一切関係がなく。

-

そんなあなたには、信じ難いかもしれません。
私もまた、信じ難いです。


この世には、自分の意思で生きたくないという人間もまた、存在する。
しかも、けっこう人数。

  • どう生きるかは、誰かに決めてほしい。
    たとえば、国とか政府とか、権威とか。

  • 自分で考えるのは、めんどうで重いので、そういうことはやりたくない。楽しいことだけ、考えていたい。
    だから代わりに、「次に、どうすればいいのか」を決めてほしい。
    指示してもらえたら、従うから。

  • 自分が間違ったのは、指示した人が間違ったから。
    (指示が正しかったら、自分は間違わなかった)
    だから、「ワクチン」が薬害になったら、それは国のせい。
    国のせいだから、国が、何とかすべき。
    他のことも同じように、誰かが何とかすべき。

・つまり、人生の責任を取るのはいつも、自分以外の「誰か」。


こういう思考の人もまた、けっこうな割合存在するのが、この世界。
(あなたの周りにもきっと、いますよね)

-

人は、思考停止のまま生きてしまうと、そのレールから、なかなか降りられなくなる。
誰かに人生の権威を預けて、一定期間が過ぎてしまうと、現実もまた、その価値観によって、作り固められてしまうから。


そんな中で、
「この選択(ワクチン接種)は、間違っていたかもしれない」
こう気づくこと。


これを、別の言葉で言えば、
「国や政府は、自分たちのことを、想っていないのかもしれない」
「もしかして、国に嘘をつかれた?」
「この世には、巨大な嘘や、欺瞞・騙しがある?」

「それなら、自分の今までの人生選択は、もしかして、土台から違っていた……?」
こう、認めることになってしまうかもしれない。


人生が、文字通り、土台から揺らぐ事態になる。


だから、そんなことは認められない。
考えたくもない。
考えてしまったら、今日を生きられなくなる。
だから、頭をよぎることも、許したくない。……こういう人なら、重ねて、いっぱいいると思う。

-

平たい言葉で、この流れを、わかりやすく表現してくださっている方がいらっしゃいます。
表現を、お借りします。


泣いて生まれてきたけれど」より画像引用
泣いて生まれてきたけれど」より画像引用



「自分の人生を、代わりに、誰かが決めてくれる」
「誰かが、自分の代わりに守ってくれ、責任を負ってくれる」

著者である私の周りにも、「他者を権威とし」「思考停止」したまま、忙しく今日を生きている人が、山ほどいます。

(誤解のないようにですが、いわゆる「いい人」もいっぱいいます。
 だから、とても悲しい)

それでも、"ワクチン" 以前は、波風も立たなかった。

人生は、人それぞれ。
だから、その人が何を選び、どう生きるかは、その人次第。
選択の結果を引き受けるのも、もちろん本人だから。

-

著者は、ずっと、こういう考えです。

「人は、変わらない。変えることができない」
「変えることのできる人間は、唯一、自分だけ」


権威に猛追し、思考を停止して、「政府が」「国が」と言っている人たち。
あるいは、
「仕事が忙しいから、時間がない」
「現実として、仕方がない」

大人として、立派でもっともらしいことを言うこの人たちが、今後も変わることは、おそらくないだろうと思う。


私は個人的に、「関わらない」と決めている。
理由は、この段に及ぶと、とても危険だから。


その人たちに関わったら、おそらく自分まで一緒に、死の淵をのぞくことになるかもしれない。ここまでレールが違ったまま、長い時間を生きてしまったら、思考停止のまま、自分自身につき続けてきた小刻みな嘘や、幾多の小さな違和感の大山を抱え、目をつぶって突き進むほうがマシと考えるかもしれないから。

-

「接種者と未接種者が、分断されている」
こんな嘘を信じるのは、だから、私はやめたい。

そんな分断は、存在しないと思っている。


こんな嘘を信じ込んだら、それこそ「思考停止」に陥ってしまい、思うつぼ。
だから、絶対にやめたい。


代わりに、思考停止を嫌い、「何が何でも、自分の意思で決める人たち」と連帯したい。

この人たちが、この先を、一緒に生きてゆく仲間。


「真実に直面し、悩み、試行錯誤しながら、勇敢に生きてゆく」
この人たちが、決して分断されていない、私の仲間。


それでは、また。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤沢優月(文筆業, OFFICE ONSA 代表)

コーヒーのお代わりを奢っていただき、ありがとうございます。 おかげさまで、とても元気が出ています。 これからも、あなたと、あなたの大切な人の安全のために、心を込めて情報を届けさせていただきます。 いつも、ありがとうございます。あなたにも、心からの感謝を。 (ONSA 藤沢優月)