見出し画像

おそらく、国は味方ではないらしいと、どれだけ早く受け入れることができるか[1]

これはもう、見たくない人は、最後まで認めない案件だと思う。

何だって、そうじゃないですか。
事実を認めるぐらいなら、騙されたまま死にたいという人だっているのが、この世の中。


それゆえ本記事は、「ずっと騙されたままでいい」という人には、届けていない情報。
俗に言う、ターゲット外になる。

そういう人を説得している時間を、「助かりたい!」「活路を見出したい!」という人のために充てたいですものね。


そのため、この情報は「活路を見出したい!」という人と一緒に行う、思考の整理。
(一貫して述べている通り、その中では「打った」「打たない」という事実は、とりあえず関係ない)


ものごとは、「心先行(こころせんこう)」。

心の整理が、一段ずつついてくることで、
「それなら、これから、こうしてゆくか」
「行くべきは、こちらの方向かな」
という方針が、自分の中で決まってくる。


それでは、ゆきましょうか。
キーワードは「sunk cost effect」です。

この続きをみるには

この続き: 4,616文字 / 画像2枚

おそらく、国は味方ではないらしいと、どれだけ早く受け入れることができるか[1]

藤沢優月(文筆業, OFFICE ONSA 代表)

118円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤沢優月(文筆業, OFFICE ONSA 代表)

コーヒーのお代わりを奢っていただき、ありがとうございます。 おかげさまで、とても元気が出ています。 これからも、あなたと、あなたの大切な人の安全のために、心を込めて情報を届けさせていただきます。 いつも、ありがとうございます。あなたにも、心からの感謝を。 (ONSA 藤沢優月)