見出し画像

2つの、異なる現実。一連の流れに「気づいている」人は、今後どうすればいいのか[1]

おつかれさまです、藤沢優月(文筆業)です。

ここに、はじめてたどり着いてくださった方。
あるいは、日々勉強を重ね、さまざまな信頼できるニュースソースから、最新の動きを集めていらっしゃる方々。

2022年現在の地上には、大きく分けて、2つの現実が存在しますね。


同じ世界を分け合いながら、同じようには、ものを見ていない。

逆から言えば、同じ世界を目でとらえているのに、その中に、まったく異なる現実を見ている。

あるいは、異なる兆候を見ている。

少し先の未来に、いったい何が起こるのか。
今は、何に備えておけばいいのか……。

-

たとえるなら、こんなことが言えるかもしれません。

群1
「現在進行形の現実に、疑問を覚えない」
「現在進行形の混乱した現実に、がんばって、ついていってしまっている」
「"本当は" 何が起こっているか、直視することを、否認している」

群2
「現在進行形の現実に、非常に強い危機感を覚えている」
「現在進行形の混乱した現実に、ついてゆくことを拒否している」
「"本当は" 何が起こっているか、積極的に、知ろうとしている」


この群1と群2の生き方は、ここから先、容易には交わらないと思う。

重ねてこれは、「打った」とか「打たない」とかの問題ではなく、生きる上での "ヒト種(original human begin)" としての本能が、残っているか残っていないかの問題だと思うから。


著者は、おそらく、群2の方に属している。
ですので、これから群2の人たちが、具体的にどうすればいいか、著者なりの考えを書いてみたいと思っています。


この続きをみるには

この続き: 1,638文字 / 画像2枚

2つの、異なる現実。一連の流れに「気づいている」人は、今後どうすればいいのか[1]

藤沢優月(文筆業, OFFICE ONSA 代表)

118円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤沢優月(文筆業, OFFICE ONSA 代表)

コーヒーのお代わりを奢っていただき、ありがとうございます。 おかげさまで、とても元気が出ています。 これからも、あなたと、あなたの大切な人の安全のために、心を込めて情報を届けさせていただきます。 いつも、ありがとうございます。あなたにも、心からの感謝を。 (ONSA 藤沢優月)