見出し画像

FNSで雪組にハマった超絶初心者が初観劇した話

2019年8月11日。
人生で初めて宝塚を観劇しました。
Twitterだとなかなかまとめるの難しいのでnote作りました(行動力)
以後、私が初観劇して感じたことをまとめますが、誤字脱字・情報の誤りがあった場合は申し訳ございません…。また、雪組公演「壬生義士伝」のネタバレにもなるかと思いますので、避けている方は戻るボタンをポチっとしてください。

感想といっても語彙力乏しい&初観劇なので超基本的なことで感動しております。どうか温かい目で見守ってください。

ハマらないように気を付けていた私がFNSで宝塚沼へ

アラサーのわたくし。生まれてからこれまで、ジャニーズをはじめハロプロなど色んな沼を見てきました。そんな私が、

「近づいたら終わり。絶対危険。ハマったら最後。底なし沼。」

と思っていたのが宝塚

だって!!!絶対好きだもん!!!!ハマったら絶対抜け出せない!!!迷宮!!!ラビリンス!!!と、近づかないように気を付けていたんですが…FNSに出演していた雪組の姿を観てしまいまして。

あっ(ヒュッ…ストン)

落ちました。垂直に落ちました。それはもう急降下で。

皆さんもちろん素晴らしかったのですが、特に彩凪翔さんに惹かれた私。
次の日には日比谷シャンテのキャトルレーヴに行ってました。

(行動力怖っ…)

そして7月26日から東京宝塚劇場で「壬生義士伝」が上演されるとのことで、なんとか観劇しようと当日券について調べていた矢先、超幸運にもお譲りいただけまして…(本当にありがとうございます。土下座。)
いざ、初観劇へ。

座席はB席。
「思ってたよりも近くないか?!しかも全体見られるしありがたい~~~」と思いながら、開演までプログラム見たりオペラグラス(劇場で借りた)のピント合わせを練習したり。
劇場はお子さんから高齢の方まで性別問わずいらっしゃって、こんな幅広い年代に愛されてるって本当すごいよなあ…と公演前から違うポイントで感動したりしてました。

いよいよ開演し、
「あれ???和服じゃない……はーん、明治パートと交互に来る感じか」
と全体の流れを把握したのも束の間。

え??凪七瑠海さん髭すんごいかっこいい~~(嵐にしやがれに宙組で出られてた方!!!)

出たーーー!ネットを騒がせ、トレンド入りまでしてた朝美さん!!!軍服!!!!

白衣着てるのどなただ???終わったら調べよ。看護婦の方可愛い
!!!!

……………………。

いや、第一場から情報過多だわ!!!!!!受け止めるのに必死!!!もうちょっとゆるやかに来てほしい!!!心臓に悪いぞ!!!!!!!

第二場は第二場で、

これが…!!だいきほ…!!!!!!(合掌)

初心者だし、他のコンビも見てないのに何言ってんだって話だけど、望海風斗さんと真彩希帆さんのコンビって最強なのでは…???
歌唱力がハンパないのはもちろんだけど、お二人から溢れ出る雰囲気が温かいというか??それぞれお一人でも素敵だけど、コンビで立つとさらにパワーアップするというか??抜群のコンビネーション??
…「安定感」ってこういうことか。

そんでまあー望海さんの吉村貫一郎が素晴らしすぎて。
やさしさと強さ。温もりがあって良心のかたまりの人なのに、生きるため愛する家族のために冷酷に人を斬ることができる。一見温和なだけかと思う雰囲気をまとってるのに、自分の芯・義はしっかりと持っている。それを見事に演じ切られてて。そして歌がべらぼうに上手い(当たり前)

これがトップスターかあ……

とまあ序盤から心揺さぶられまくって、第五場で早くも泣いた私ですが(涙腺激弱人間)、第七場で新選組の皆さんが並んで出てきたのを見た瞬間、

あ~~~~~無理!!!!この距離でも無理!!!!!美の暴力!!!!!!

と心の中で全力で叫びました。心の中でね。
あの画を観たら多分どんな疲れもとれる気がする(真顔)

そして、ご贔屓である凪様のお姿を拝見しまして…

ウッ…(降参)

日本物のお姿が素敵って聞いてたし、お写真でも見てたんだけど、やっぱり生の破壊力すごい…お顔、演技はもちろん、声も立ち居振る舞いも素敵で…指先まで美しい。
「あああ、面倒くせえ、面倒くせえな~」を一番かっこよく、かつけだるげに言ってみよう選手権があったらぶっちぎりの優勝だな!!!!!!!!と馬鹿げたことを思っていたんですが、ここにきてというか序盤から薄々感じてた問題が…

「目が足りない問題」と「オペラ使うか肉眼で全体を見るか問題」

え????皆さん常日頃から思ってるというかこれ通る道ですよね??
まず目足りなくないですか???

ご贔屓である凪様の土方はしっかりと眼中に入れたい。でも、望海さんの吉村も、彩風さんの大野も、真那さんの近藤も、朝美さんの斎藤も、永久輝さんの沖田も、希帆さんのしづも…出ている全員それぞれの表情、佇まい、演技を見たい。それぞれの立場で抱えていること、思っていること、辛さ・苦しさとかを思い巡らせ、それぞれに感情移入しながら見たい。欲を言えば舞台装置どうなってるんだろう~とか細かいとこまで見たい。

……目が圧倒的に足りないな???
同時にオペラか肉眼で全体を見るか迷う問題も発生。

オペラで寄りでしっかり見たいけど、全体を俯瞰したい…
この問題、皆さんどうしてるんだろ…解決できるんか????攻略できる気がしないぞ????
でもだからこそ何回も通いたいし円盤も買うんだろうなあ(しみじみ)

第二十三場からは、

ノンストップ、エンドレス涙。
水分なくなるかと思った。

滝のように涙と鼻水が出てきてぐっちゃぐちゃで、オペラ覗くけど涙で全然見えなくて。

おもさげながんす!!!!握り飯!!!!食べて!!!!!!その!!!ボロ刀では痛いって!!!!!!貫一郎オオオオオオ~~~~~~!!!
アッツ大野もしんどすぎるよね~~~~~無理。だめだ、終始しんどい(白目)

多分映画とか含めて「観る」という経験の中で一番泣いた気がする。
それほど望海さんはじめ、雪組の皆さんの演技がすばらしくて、ぐっと引き込まれたし感情移入してしまった。宝塚すごい…。

声が漏れないようにって必死でこらえてたのもあり、身体が震えてしまってた気がして。振動が両サイドの方にもし伝わってたら申し訳ないな…と思いながらもただただひたすら泣いてた。おもさげながんす。


終わってからは放心状態でしばらく席から動けなかった私。

……いや、なんでみんな終わってすぐに席立てるん????
ほら私を見てみろ。動けないぞ。…これが初心者とヅカオタの違いか??

なんて思いながら見終わった演目を噛みしめてた。

そして以下、細かなところ箇条書き。

・団子食べてるの可愛い。
・沖田の敬語たまらん。
・第九場Aの芸者さんの歌が娘役の方とは思えないくらい力強かった。
・第十場の沖田と斎藤
・第十四場の土方さんと沖田、永倉、原田
・第十七場での斎藤と沖田のツッコミ
・おみよの健気さ
・第十九場、二十両のくだり……

まあ挙げたらキリないんですけどね。


そして涙でいっぱいだった第一幕とは打って変わって、ショーはめちゃくちゃ楽しかった!!!!!!!!!!!

凪様が素敵すぎたのはもちろんですが…

黒燕尾…!!!(合掌)圧倒的に画が強い(ひれ伏す)

いや、まじで目が足りない!!!美!美!美!どこもかしこも「美」すぎてどこ見ていいかわからん!!!!

脚の上がり方えぐい。同じ人間とは思えない。男役はもちろんだけど、娘役の方々は臓器どこにあるんや??まじでこんな私めとは違って無駄な脂肪ないな〜〜!!あとやっぱり彩風さんは脚長すぎでは????ほぼ脚じゃん。

あーーーーー!あれがシャンシャン!!!そしてあれがトップの方だけが背負うことができる大羽根!!!なんで足下見ずにみんな階段降りて来られるんだー!!!!!

もう皆さん第一幕とは真逆でキラキラしてて(衣装も表情も)、観てるこっちもキラキラしてくる気がする(?)

など、ポーカーフェイス装いながら(装えてたかはわからんけど)、心の中ではどんちゃん騒ぎでそれはもうすごかった(ワンピースでいう「宴だぁぁあぁああああ!!」って感じ。伝われ←)

見るものすべてにいちいち感動してた。

てか、もしかしたら私の幻覚かもしれないんだけど、銀橋で凪様と朝美さんが肩近づけて2階席にお手振りしてたの見てしまって…

ンンンン???? 冥土の土産か????

本当びっくりするくらいのパワーをいただきました。

あと、ジャズのところでサックス持ってらっしゃった方が、ハットのつば部分を指でスーッとやってたのがべらぼうにイケメンで。調べたら綾凰華さんで、あとで調べようって言ってた白衣の人と同じ人だった。

早く顔と名前覚えよう……

あっという間の初観劇で、慣れてない&情報過多で見落としてたり興奮しすぎて記憶から抜け落ちちゃってる部分もあるだろうけど、感想書きながらしみじみ思い返すとあの空間にいられたことが幸せだったなあと。

私にとっての初観劇が雪組の「壬生義士伝」で本当に良かったな。

まあ反省点というか改善点を挙げるとしたら……

オペラグラスのピント合わせ難しすぎでは…!!(私の技術の問題)

私も早くマイオペラグラス買おう。

本当はお一人おひとりに対する感想も綴りたかったけど、多分下手したら1万字超えしちゃうかもなので割愛します。語り出したら止まらないぞ。

挙げたらキリないから!!!!!!(2回目)

終わったら夢心地のまま、気づいたら舞台お写真購入してた。無意識怖。


私の乏しい語彙力ではこの感情すべてを伝えきれないけど、

初観劇、本当に最高でした。
タカラジェンヌは本当に存在していた。

あと人は最上級のものを見ると語彙力は消滅し、何も言えなくなる。「スゴイ…ヤバイ…シンドイ…」など単語しか言えなくなる。

初観劇の一日はこれから先、一生大切なかけがえのない日になりました。

雪組、宝塚のことをもっと知っていきたいけど、これから先色々知っていく中で選択を迫られたり「陰」の部分を見てしまうかもしれない。

でも、私は私らしく自分のペースで、囚われずに(ルールはしっかりと守るよ)、楽しんでいけたらなと思ってます。

拙くまとまりのない文章を読んでいただきありがとうございました…。

今欲しいのは語彙力とマイオペラグラス。

おもさげながんす。

398
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。