見出し画像

Tera Term開発を15年やって引退した話

こんにちは、ゆたかさんです。筆者は2004年にTera Term Projectというオープンソース開発プロジェクト(非営利のコミュニティ)を立ち上げました。そこではTera Term(テラターム)というターミナルソフト(ターミナルエミュレータ)の開発が行われています。そして、この度、一身上の都合で2019年12月にプロジェクトから引退をしました。2019/12/7に行ったTera Term 4.105のリリース作業が、筆者の最後の仕事となりました。今回はそんなお話をさせていただきたいと思っています。なお、プロジェクトは他メンバーにより継続されています。

この続きをみるには

この続き:10,249文字

Tera Term開発を15年やって引退した話

ゆたかさん

256円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴重な時間を使って最後まで読んでくださり、ありがとうございました。少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。

励みになります!
275
平田豊ひらたゆたか/企業/個人事業主/YOULABユウラボ代表/著書21冊/事業内容:組み込みソフトウェア開発、技術書籍執筆、技術書籍の企画および編集

この記事が入っているマガジン

コメント4件

Tera Term、本当に長く長く使ってました。その間、アップデートも楽しみにしてました。メイン機がMacになるまで使ってました。本当にお世話になりました。ぼくもOSS推進してました。であるにもかかわらず、感謝を申し上げるのが遅すぎて本当にすみませんでした。ありがとうございました。
コメントありがとうございました。もう当方は開発から脱退した身ですが、日本のOSS界隈が少しでもよくなっていったらいいなと思っています。
ネットワークエンジニアです。入社以来10年ずっと使っています。開発者の方への敬意と御礼を伝えることを忘れないようにしたいと思います。開発お疲れさまでした。
愛用どうもありがとうございます。私も常に感謝をしながら、一ユーザとしてTera Termを使っていきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。