境目を曖昧にしていこう、かっこ言い訳

昨日のうちにこの日記を書けなかったのはひとえに私が酒を飲んで酩酊し、自慢のポテトサラダサンドウィッチを家族で食べてそのまま一緒に布団に潜り込み、おれは仕事があるから起きると言いながらそのまま眠りこけてしまった理由による。

眠りこけそうになりながら私は考えていた、酔っ払った頭でのそのそと起き上がって早く終わらせたい一心で何事か書き記しギターを弾いて作曲したところでそれは昨日のうちにやり終えたということ以外に何も良いことはないのではないか、と。

毎日取り組むこと、習慣化されることの力は確かにあって、確実に少しずつの時間と共に積み重ねられていく仕事というのがあるのは何度かここに書くくらいに考えていることではあるけれど、その毎日の境目をもう少し曖昧にしてみてはどうだろう、と。

そこそこ規則正しい暮らしをしている方だとは思うので、1日を24時間と決めてしまってもいいのだろうけれど、まずは1日を24時間と決めてしまわないことからはじめると、もしかしたら暮らしも変わっていくかも知れない。

そう考えたぼくはぐっすり朝までオネンネし、朝起きたら言い訳の塊になっていたので、こうやって焦ってパソコンを開いて便意も我慢しつつ日記を書いています、おはよう。

今日も一日がはじまるね。

#yusukeumeoka20191013 #日記 #エッセイ #境目 #曖昧 #かっこ #言い訳 #昨日 #酩酊 #家族 #ポテトサラダ #サンドウィッチ #私 #ぼく #オネンネ #毎日 #24時間 #1日 #暮らし #今日


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
前厄がもうすぐ終わります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。