見出し画像

渋谷の真ん中で

今日、すごい瞬間を見た。

渋谷のスクランブル交差点を、ちょうど渡り終えたときだった。アメリカ人とおぼしき観光客のカップルが、楽しそうにキスをしていた。

「ああ、こんな姿を撮らせてほしいな」心の中でそう思ったけど、話しかける勇気なんてさらさらなかった。

ところが。その瞬間、カメラを持ったおじいさんが突如現れた。
おじいさんはにっこり笑うと、カップルに向けてこう言った。

「ショウミー、ユア・ハピネス・キス!」(あの幸福そうなキスを、もう一回してみせて!)

そう言われたふたりは、ちょっとはにかみながらもう一度キスをした。おじいさんは、にっこり笑うとパシャリとシャッターを切った。次の瞬間、カップルはもう横断歩道に向けて歩き始めていた。

時間にして、30秒にも足らない出来事。目の前で見ていた私は、ただただびっくりするばかりだった。

私が知らない人を撮らせてもらうときは、いつだって緊張する。「撮ってもいい?」その一言を発するのに、頭の中で5回くらい迷う。断られたらどうしよう。嫌がられたらどうしよう。でもそのおじいさんは、あっという間に笑顔を切り取った。


気がつくと私は、そのおじいさんに声をかけていた。

「すみません」

いきなり話しかけられて、彼はちょっと驚いたようだった。

「私、写真の勉強をしている者です。さっきの一部始終を見ていて、あまりのスマートさにびっくりしました。私には、あんなにさらりと写真を撮る度量はありません」

そう言うと、彼はこう教えてくれた。

「コツがあるんです。笑顔だ。笑顔で話しかけるんですよ。こっちが緊張してちゃあ、撮られる相手も堅くなっちゃうだろ?」

たしかに、彼の言うとおりだ。

「あなたが素敵だから、ぜひ撮りたい。その気持ちが伝われば、案外うまくいきますよ」

そっか。どう話しかけような、とか、なんて言えば怪しまれないかな、とか小手先のことばかり考えてしまうけど。大事なことはやっぱりシンプルなんだろう。

「写真って、おもしろいものですよねぇ」と笑うと、彼はまた雑踏の中に消えていった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、旅に出たときのごはん代にさせていただきます。旅のあいだの栄養状態が、ちょっと良くなります。

また来てね
205
どうしても長い旅がしたくて、会社員を辞めて9月から旅に出ました💭ただいま一時帰国中。次はイギリスへ行って、映画と小説の世界を追う旅をするつもりです🇬🇧

コメント3件

すごい出会いですね。なんだか、とても感動しました😊おじいさんに話しかけたぽんずさん、めっちゃ素敵です。なかなか話しかけられないもの
ありがとうございます!!普段は知らない人に話しかけるなんてできないのですが、勇気だしてみてよかったです😂
写真も勇気、ですね。急いでなくて困ってる外国人には声をかけるようにしていますが、このまねはできません(というか、やってもいいんだ、という目標になりました)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。