見出し画像

いろんな愛について感じたこと

『美女と野獣』、やっと見てきました。素晴らしかったです。

エマ・ワトソンは、昔ディズニーアニメで見たベル以上にベルでした。美しい!そして美しいだけじゃなくて、自分の芯があるところがとてもチャーミング。ベルというキャラクターを、UNwomen親善大使のエマが演じるというのは、よりベルを今の時代のベルらしくしているなぁと思いました。

余談だけど最近のディズニーのヒロインは、賢くて芯があって美しい。ただ王子様に助けられるのを待つだけのヒロインじゃないところは、ディズニーが時代の要請に合わせているのか、その逆なのか、わかりませんが…。

ミュージカル映画として、音楽も素晴らしかった。何度も劇中で流れる、Beauty and the beastは、何度聞いても涙が出るくらい。やっぱり小さいころから知っている曲って、心の奥まで揺さぶる力が強いなと思う。

そしてこの映画のテーマ、野獣とベルの愛について思ったこと。現実で野獣と恋に落ちることはなかなかないと思うけれど、見た目とか生まれとか、心以外のところで他人から誤解を受けている人と恋に落ちることは、今だってよくあることだと思いながら見ました。同性愛だって、異性愛しか考えられない人からしたら、野獣との恋愛と同じくらいありえないことなのかもしれない。異性愛しか考えられない人が同姓の人から言い寄られたら、野獣に言い寄られているのと同じように思うかもしれない。

ちょうど昨日、『ユーリオンアイス』というアニメを8話まで友達の家で見たこともあり、愛のかたちはいろいろあるなぁということをしみじみ思う。

『ブルームーン』は男性同士の愛。『ユーリ』ではまだ途中までしか見てないけど師弟愛というか、フィギュアの高みを目指す者同士の愛が良いなと思いました。『美女と野獣』は、最後に野獣が王子に戻るけれど、人間以外との愛。

ちなみに『美女と野獣』では、ベルの見た目に惹かれてなんとかベルを妻にしたいと思うガストンという男がでてくる。しかし彼の人間としての「クズさ」は滑稽なほど。見ている人は、ガストンのほうが野獣よりも獣だと感じるくらい。

誰かや何かを愛する気持ちは、当人にしかわからないし、それが自分にとってはびっくりするような形でも、決してバカにしたらいけないなぁと思いました。相手が何だって、相手を想う気持ち自体がそれだけで美しいと思う。

王道のおとぎ話は、陳腐になるのが怖くて言いづらいくらい大切なことを教えてくれるから、好きだし素直に感動する。何度も見直したくなる映画でした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛!
14
書籍編集者。人にやさしい本を作りたいです。散歩に最適な街から、人間味少なめの街へ引っ越した後、花屋とケーキ屋が多く生活に向いている街に引っ越しました。Photo by @yukitsunesumi(instagram)