Yusuke@FX

FXトレーダー

Yusuke@FX

FXトレーダー

    最近の記事

    買いから入るのが苦手、売りから入るのが苦手という人へ。現実的な克服法と応用法

    よく自分は売り(ショート)が苦手、買い(ロング)が苦手という声を聞きます。 どうすれば克服出来るのか、もしくは克服できずとも強みに変えれるのかというと。結論 『トレーディングビューのチャート反転機能』を使ってください笑 経験則ですが、これが一番効率的、実践的です。 風変りな方法ですが例えば買いが得意な人は同じ目線で売りも得意になるはずです、利益を最大化したいのなら時には(常にですが)泥臭くやれることをやるべきだと思っています。 ※因みにUSDJPYの場合トレビューにはJ

      • 理論上プラスになってもトレード回数が増えてトントンになる残念な法則

        僕は基本的に裁量トレードであっても売買回数というのを管理して運用しています。例えば手法によって1日に1回、1市場で1回といった具合です。 人によっては「チャンスが訪れたらトレードしないと利益にならないから勿体なくないか?」となります、当然その通りです。 結論。 それでも制限する理由は題名の通りですが感情に負けて無制限に「トレード回数が増え利益が食いつぶされるから」です。 よくテキトーにトレードしても勝率50%(検証し確認出来ているのはリスク%固定リスクリワード1:1だけで

        • 短期トレード複利で億る?どうやって?仕組み上無理な理由

          ふと、あるリツイに目が留まり気になったので、何の有益性も無いですがパッと思いついた事を書きなぐってみたくなりました。 短期トレードで常勝トントン拍子に1億円を達成するという内容です。 ①勝率100%、高勝率という点 経験上、そして客観的に裏付けが取れ続けて間違いなく大きく勝ち続けているトレーダーで高勝率という人は居ませんでした(探したら居るかも)。 高勝率手法を学んだ方は痛いほど分かると思いますが、そういった手法は出来上がったチャート上で説明されており過度にエントリーポ

          • メンタルを鍛えてトレードで勝つ??逆です。そして結論。

            個人的にFXのメンタル論の話になったのですが まず結論から言わせてもらうと メンタルが強くなれば物事が上手くいくのではなくて 物事をやり込み慣れて数字の裏付けが取れるからメンタルが強くなって上手くいくようになる です。 メンタルコントロールというのはあくまでも既に備わったメンタルを平静に保つためにやるものです。 上辺だけのメンタル論で落ち着きを取り戻したところで大きなロットを張ればたちまち鼓動は速くなり、負ければ狼狽し、自分の手法・システムを信用する事が出来なくなりま

            トレードの感情要素※メモ

            感情が出る場面を特定する 感情について知っておく事 答えは無い 元も子もないはなし 感情が出る場面を特定する自己資金を運用・トレードをする上で感情が出る場面というのは数限りなくありますが、経験上そして他のトレーダーを観察しておおよそ絞られるのは5場面。 ①エントリー判断時 ②含み損 ③含み益 ④決済後(連勝連敗時含む) ⑤資金管理(ロット調整時) ※あくまでもトレードを行う場面を前提としています。もちろん借金を抱えていたり安定した収入が無いなど別の要因はここでは省いてい

            裁量テクニカルを補う要素※メモ

            メインの要素 ・勝率 ・R倍数 ・売買機会 ・投資額・売買リスク% 勝率 相場の仕組み上、一つの手法・システムでは低勝率か高勝率かどちらか一方を採用します。 高勝率の場合は低R倍数 低勝率の場合は高R倍数 高勝率の幻想 基本的に高勝率の手法が好まれる傾向がありますが、あくまでも最終的なパフォーマンス(収益)を残すための要素の一つにすぎません。 初期の自分もそうでしたが勝率を重視し過ぎる事で他の要素をないがしろにし最終的なパフォーマンスを落とす結果になります。 デメリッ

            💻【FX】ネックライン

            Yusukeです。 今回は水平ラインのジャンルである『ネックライン』について考え方と定義、そして使い方を解説していきます。 ネックライン自体はトレードをされている方であれば聞いたことは多いと思います。 例えばネットで調べていただくと、よくダブルトップやダブルボトム、三尊を例にエントリーポイントとして出てくることが大半だと思います。 このnoteでは長期間検証し実践に落とし込んだ内容を書いていこうと思います。 第1章:ネックラインの引き方と定義 水平線を引く場所というのは

            有料マンツーマン添削コミュニティ始めてます【理由・価格・内容】

            こんにちは。Yusukeです。 有料の添削コミュニティを正式に公開募集していきます。 まずは、なぜ有料コミュニティを始めるのか下記目次をご覧くださいませ。 ※必ず最初から最後まで熟読してくださいm(__)m※ 後に入会されて思っていたものと違ったとなるとお互いにとってデメリットですし、在籍されている方にも迷惑がかかるためですm(__)m ✳︎理由①無料の弊害情報発信を始める前と後で、実はお金を取らずに複数名教えていた時期があったのですが、結論、無料で教えていた方達は、も

            守破離

            守破離 守=教えられたことを素直にやり抜く 破=型を守りつつ自分で考えアレンジする 離=自分なりの新たなロジックを組み立てる この概念は頭一つ抜けた成果を出すことにおいて全ての分野で共通する考えだと思っています、いきなり何を言い出すのかと思われたかもしれません。 よくこんなご質問をいただきます。 『なぜ教えられていたインディケーターや手法を使わないのですか?』 元々所属していたFXスクールの教えや在籍されている方達となぜ違うのか?不思議に思われたと思うんですが、全然

            📈移動平均線検証方法

            今回のnoteでは移動平均線カテゴリの項目である『移動平均線検証方法』を説明していきます。 まず前提に、全ての時間足に下記の一般的な移動平均線の数値設定して それを基に解説していきます。 ・短期 20SMA ・中期 75SMA ・長期 200SMA ただ以前も言った通り、数値があまりにもかけ離れていなければ 短期、中期、長期の流れが分かる設定値であれば問題ありません。 目次 ・分かりやすいところだけに絞って検証する ・移動平均線の長期→中期→短期の並びを意識する ・

            💻移動平均線の考え方と意味

            今回は移動平均線(MA)についてどう捉えて唯一のインディケーターとして使用しているのか説明していきます。 目次 ・移動平均線の種類 ・移動平均線の重要な意味①:損益分岐点 ・移動平均線の重要な意味②:傾き ・上位足MA表示の意味 ・収束から拡散、パーフェクトオーダー ・移動平均線乖離 まず移動平均線なのですが種類、数値に関してはよほどの的が外れていない限り短期、中期、長期の流れが可視化されていれば問題無いと認識しています、ここでは僕が表示している移動平均線を基にアドバイス

            💻押し安値と戻り高値

            こんにちは。Yusukeです。 今回のnoteでは下記のnoteで書いた内容で、何度も出てくる『押し安値と戻り高値』という用語の考え方と使い方を解説していきたいと思います。 💻ダウ理論基本6法則 https://note.com/yunasunakeho/n/n1f004782805e 💻水平線の考え方 https://note.com/yunasunakeho/n/nb14eff4b4393 💻水平線の引き方と引ける場所 https://note.com/yunasun

            💻水平線検証方法

            こんにちは。Yusukeです。 本note『💻水平線検証方法』では普段Yusukeが検証している水平線の方法や教えている内容を公開します。 まず以下のnote読まれてからお読みいただければと思います。 ①【基本】水平線の考え方 https://note.com/yunasunakeho/n/nb14eff4b4393 ②💻水平線の引き方と引ける場所 https://note.com/yunasunakeho/n/n42a02ab1aa37#ZX4nw まず検証で引くライ

            💻水平線の引き方と引ける場所

            こんにちは。Yusukeです。 本note『💻水平線の引き方と引ける場所』では、以下のnote読まれてからお読みいただければと思います。 ①【基本】水平線の考え方 https://note.com/yunasunakeho/n/nb14eff4b4393 このnoteでは僕が7000枚前後の水平線キャプチャの検証を実施して、 それを基に『稼ぎ続けることが出来る水平線の引き方』について解説します 第1章:水平線が引ける場所用語と結論■まず結論から言うと チャート上で水平

            【基本】水平線の考え方

            こんにちは。Yusukeです。 本note『水平線の考え方』では以下の方に向けて公開をします。 ①実際にトレードしているが勝ちきれていない方 ②FX始めたてで初心者の頃の自分(仮定) ③FXを始めたばかりの身近な人間(仮定) 相場には節⽬というものが存在します、 節目とは下位足から上位足までのトレーダーの注文が集中しボラティリティ 値動きが大きくなり易い場所の事です。 その中でも特に重要な水平ラインを説明していきます。 水平線、ラインはFXをされている方であれば、 大