見出し画像

長野旅、衝撃の結末

長野旅もいよいよ佳境に差しかかってきました。岡谷の街をうろうろしたあとは、高速を使って最後の目的地・松本に移動しました。まだまだ長野に土地勘がないせいか、意外と近いことに驚きました。
松本に着いてまずは松本市美術館へ。

行ってみたい美術館ランキングのサイトで上位に入っているのを見たことがありますが、その理由は外観を見ていただければ分かるかと思います。
松本市は日本が誇る現代美術作家・草間彌生氏の出身地。ということで美術館全体が草間ワールドに染め上げられたような空間になっています。
建物の前には大作「幻の華」がお出迎え。

ショーウィンドウのように外から見ることのできる作品もあります。

自販機も草間仕様になってましたよ。

草間デザインのコカコーラ!?と思いきや、こちらは非売品でした。笑

企画展はミュシャだったのですが、今回はパス。常設展だけ見てきました。開催中だったのは「草間彌生 魂のおきどころ」展。常設展示室をフルに使って、大きなカボチャの立体あり、インスタレーションあり、平面作品ありと、これで常設なのかと言いたくなるぐらいのボリュームでした。ちょっとした回顧展と呼んでも差し支えないのではないでしょうか。非常に楽しませてもらいました。

松本市美術館をあとにして、最後の目的地に向かいます。awai art centerというギャラリーで現在行われている田中藍衣さんの個展「Life」です。田中さんは日本画出身ですが、いわゆる花鳥風月のような純然たる日本画とはまた違う作品を制作されている作家。愛知を拠点にしている方なのでこれまでにも何度も展示を拝見していましたし、今回の展示も田中さんからDMをいただいていたので楽しみにしていたのですが。

ズコー!閉まってる!
金曜日の16:30ぐらいの時間。予定表によれば開いているはずなのに、ご覧の通りがっつり閉まっています。
ここから先は文句しか言わないですけど、苦心しながら展示回りのスケジュールを組んでいることをもっと理解して欲しいですよね。特に自分は仕事の都合上平日にしか休みが取れないので、金土日のみオープンだと金曜しか見られないのです。だから金曜に何を見るのかはいつも頭を悩ませていて、今回もこの展示スケジュールに合わせて日程を決めて、他のものを別日にずらしたり諦めたりして長野に足を伸ばしているわけです。その苦労を蔑ろにされると本当にがっくり来ます。せっかくDMを送ってくださった田中さんにも非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
というわけで、最後の最後で思いもよらない形でケチがついてしまいましたが、長野旅はこれにて終了です。

おまけ
しばらく来ないうちに松本には大きなイオンモールができていました。せっかくなので立ち寄ってみたら、ここにも製糸業の歴史が色濃く残っていました。
店内に展示されていたこちらの模型。

イオンモールの敷地にはかつて片倉組が経営する製糸工場や蚕の品質改良を目的とした蚕業研究所がありました。研究所の建物は2018年に老朽化のため解体されましたが、松本市の発展の礎を築いた功績を残すために模型とパネルを店内に展示しています。松本も例に漏れず製糸業で栄えた街だったんですね。勉強になりました。
店内を歩いているとハロウィンの装飾を発見。

よーく見るとかぼちゃには水玉模様が施されていて、さすが草間さんの出身地、徹底してるなぁ〜と思わず感心してしまいました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。