退職意向を伝えた時の上司とのやりとりQ&A

想像通り、上司にはビックリされたけど、思いを打ち明けたことでだいぶ心が軽くなりました。

退職意向を伝えた時の上司とのやりとり、Q&Aを綴ってみたいと思います。

登場人物

上司:有名大卒のやり手課長。多分部長〜役員ぐらいには将来出世されるのでは?そのぐらいやり手。

私:高卒社畜の何でも屋。現状を打破するべく会社に黙って副業をしたら普通に暮らせるぐらい稼いじゃったムッツリ野郎。

概要

やりとりはお互い冷静に進行。

「僕はこう思っている」「俺はこう感じている」と、その場でどうこう結論を出す場ではなく、お互いの思いをテーブルに並べ合うような、そんな至って紳士的なやりとり。

良い上司に恵まれました。

退職意向のやりとり

(「 」内が私)

「今の会社を辞めようと思います」

何ぃ!!?

っつーか、今の時代どこに行っても同じだよ。何で辞めたいのさ?

「今やらせてもらってる社運をかけたプロジェクト。やっぱり思うところが多々あって、こんなに意思統一がされておらず、ことごとく内部の人間に邪魔をされるところにほとほと嫌気がさしています。」


まだ係長にもなっていないのに。。。こんなのどこの部署でも大なり小なりあるんだけどなぁ。

「もちろんわかっています。ただ、会社が傾いているのは課長もご認識かと。リスクをとって新しい可能性にチャレンジしてみたいんです。それに、今の部署に配属になったから、というわけではなく、もう2-3年ぐらいずっと悩み続けていたテーマなんです」


むー。ただ、今の会社でももっとできるってことはあるんじゃない?俺も、少しでも今の会社が良くなればと思って仕事しているよ。

「はい。それは課長を見ていても伝わります。でも、課長のように立派な考えなり、軸を持って仕事をされている方って、少数派じゃないですか?多くの方はなんとなく、現状維持の方々が非常に多い。」

話はここをループする

確かに、俺も若い頃はなんてこの会社はクソなんだ!て幾度となく思ったわ。でも話をしてみれば「こんなところまで考えて仕事してるんだな」って人はいるし。いるところにはちゃんといるよ。

「そうなんですけど・・・そのバラバラしている感じに違和感を感じるんです。大事な時に組織としてまとまりきれない。これを非常に残念に思います。」

「正直課長はすごいお方だと思います。今まで見てきた上司の中でもとびきり。そんな方がもっと沢山いたら、この会社の状況はもっと良くなっていたのに。(←ポジショントーク)」


話を聞けば、仕事できる人もいっぱいいるし、ちゃんと考えを持って仕事している人もいるよ?

「少数派ではないかと。まとまった感じが欲しいんです」


・・・ふーん。そうかぁ。なんだかイマイチ決め手に欠けるなぁ(なんだか逃げのようにも思える・・・)。

(逃げと取られるのは不本意だが、「ぶっちゃけ普通に暮らせるぐらい稼げてます。別に今の会社に固執する必要は全くないんです」と喉元まで出かかったのを制止)

「そうですかぁ。。。じゃあ、ちょっと当たってみてみますかねぇ」

いや、そこまでしなくて良いけど。


・・・なんか最近の君の仕事ぶり(そうとうやる気を削がれていた)を見ていると、何か一線を引いてるように感じるんだよ。僕はここまでしか関わりません。みたいな。本当はもっとキャパがあるのに、溢れるまで仕事を抱えていないのはなんで?

「歴代(前職と、その前)の職場で溢れるほど仕事をした結果、やったらやっただけ使われる。というのを身にしみて分かってしまいました。前任者の後始末しかり、過去の遺産処理しかり。そんなのばっかりで不公平感を感じていたんです。やっぱりこれって、組織の文化なんだろうな。と」


発言(この際なんでも歯に衣着せず言っちゃってた)も確かにエッジが効いてるしね(笑)。会社に不満があるんだろうな。って思ってたけど、本当に退職を切り出すとは。

「やっぱり感じてましたか。(←もちろん、退職の伏線)たぶん、私ももっと仕事捌けると思いますけど、この会社を良くしたい!と思う人の割合が少ないのに、細々と頑張っても・・・とどうしても思ってしまうところが本当に残念なんです。」

(このあと、同じ話が2度ほどループ)

この先どうする?どうなる話

じゃ次何するのさ?

「一応何箇所か目星はつけています。が、今の会社に籍があるので、転職活動はしていません。正直、何をやっても暮らしていけると思ってます。ちょっと極端ですけど、アホみたいにスノボが好きなんで、教えることもできますし、実家にも近いので地元企業という手もあります。ここ!とは決めてません。面白そうなところをじっくり探してみようかと」


「課長はこの会社の先々、どうなると聞いてますか?」

うーん。まだはっきりとは示されてないけど、先々相当なテコ入れは入るだろうね。

「僕は、もうゼロクリアぐらいしないとダメだと思っています。気のせいかもしれませんが、危機感のない人が多すぎるように見えます。」

・・・決意は堅そうだね。ご家族は何と言っている?

「好きにしたら〜。と。妻も、実家の両親もです」


苦笑。時期的な希望は?

「私も前の部署で隣の席の人に「1ヶ月後にやめます」という直撃弾を食らって、結局後任が来ないまま繁忙期に突入させられてしまった人なので、そこは人事異動の調整で柔軟に対応できます。例えば3月末とか、間に合わなければ4末、5末でも。さすがに1年も2年も伸ばされるのはあれですけど」


何となく今の会社に大いに不満があるのは分かったよ。(確かに傾いてるし)ただ、どこへ行っても大なり小なりあるのはよくよくご承知を。やっぱりうちが良かったです。って言っても、後の祭りだからね。

理想の職場とは?

「普通に暮らせて、小回りのきくライフスタイルが送れれば十分ですかね。今の会社は私には大きすぎます」

この続きをみるには

この続き: 1,502文字

退職意向を伝えた時の上司とのやりとりQ&A

雪山田太郎

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
スノーボード カービングターン上達のまとめ!の管理人。10kgのダイエットに成功したり、スノボブログを立ち上げたりしているうちに、「好きなことをして暮らしてく」力が身につき、10数年のサラリーマン生活に終止符を打とうとしているところ。「理想の生活は自分で作る」最上志向型人間
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。