見出し画像

名刺は写真をとり、「超」メモ帳で管理

 名刺はスマートフォンのカメラで写真をとり、現物は捨てる(『「超」AI整理法』、第8章の1,2)。
 後で必要になったときに、日付を頼りに探し出し、グーグルレンズで認識して必要な情報を取り出す

 重要と思われる名刺は、名前と日付のメモを「超」メモ帳に残しておく。こうすれば、見失うことはない(『「超」AI整理法』、第3章の2)。
 後で間違いなく使用すると考えられる名刺の場合は、「超」メモ帳から、その写真にリンクを貼っておく。こうすれば、即座に引き出せる。この場合のインデックスは、名前の50音順、勤務先別など、複数のものを作ることができる。

 名刺を50音順の名簿に整理しても、名前を忘れてしまった人をあとから見いだすことはできない。
 また、勤務先移動などによって、名刺情報はかなり急速に無効になる(『「超」AI整理法』、第8章の1)。したがって、名刺情報を整理する作業はほとんど役にたたない。ここで述べた方法が最も効率的。












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
一人の伝道師(エバンジェリスト)として、noteを使って何ができるかに挑戦します。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。