見出し画像

Sloop John B

「Pixel 3が教えてくれたThe Royal Philharmonic Orchestra が演奏するビーチボーイズのSloop John Bが素晴らしい」と、『AI「超」整理法』の第9章で述べました。

オーケストラの迫力を実感します。
メンバーが演奏を楽しんでいるのが分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=hF4zyFyrsN4

ビーチボーイズは、ブライアン、デニス、カールのウィルソン兄弟
が、いとこのマイク・ラヴ、高校の友人アル・ジャーディンと一緒に、
1961年に結成したグループ。

結成当初がどんなグループだったかを示す貴重なフィルム。1964年。
曲は、Fun,Fun,Fun
https://www.youtube.com/watch?v=vS5ttqc8iDw

(これは、カーペンターズが「ナウ・アンド・ゼン」の中で歌っている曲です)。

向かって右から、マイク・ラブ、ブライアン・ウィルソン、カール・ウィルソン、アル・ジャディン。ドラムが、デニス・ウィルソン。
この頃は、ブライアン・ウィルソンがまだ元気で、観客サービスをきちんと行なっています。素晴らしいソプラノ。1942年生まれの彼は、私とほぼ同世代です。

1964年末のツアーに向かう途中で、ブライアンは感情的な障害を起こしてライブに出られなくなりました。そしてこれ以降は、コンサート活動には参加せず、スタジオでの作曲活動に専念するようになります。


Sloop John Bは、もともとは、バハマ諸島の民謡。ブライアンがアレンジして、1966年に発表。
下のフィルムは、記録に残っているSloop John Bとしては、最も古いものだと思われます。
https://www.youtube.com/watch?v=0W4KkBwgP7c

下のは、1980年の演奏。
ブライアン・ウィルソンが歌っています。
フルメンバーで演奏できたのは、この頃が最後です。
https://www.youtube.com/watch?v=H6Uc_Gi7gdM

2012年に、グループ結成50周年でSloop John Bを歌っています。
観客は若い人たち。
ビーチボーイズの歌唱力も衰えているとは思えません。
まったく、彼らは、高齢化時代の希望の星ですね!
https://www.youtube.com/watch?v=FNfzkjAy8H0

これで終わると思いきや、2016年
ブライアンとアルが歌っています。
よく聞いてください。最後が
This is the best trip I’ve ever been on.
になっています。彼らの心境なのでしょうか?そうだとしたら、素晴らしいことです。
https://www.youtube.com/watch?v=eDZgl7H-coQ

さらにまた2018年に、アル・ジャディンが歌っています。いい味をだしています。これも、best tripになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=yYpiur8eVcU


歌詞はつぎのとおり。

おじいさんと一緒にナッソーに旅しに来たが、酔っ払って、喧嘩に巻き込まれ、さんざんな目にあってしまった。
早く家に帰りたい。岡にあがった船長を呼び戻してくれ。

という、何とも情けない話です。
ただし、惨めな感じはまったくしません。すっとぼけているだけです。Sloop John Bというのは、彼らが乗ってきた船の名前。

We come on the Sloop John B
My grandfather and me
Around Nassau town we did roam
Drinking all night
Got into a fight
Well I feel so broke up
I want to go home

So hoist up the John B’s sail
See how the mainsail sets
Call for the captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home, yeah yeah
Well I feel so broke up
I wanna go home

The first mate he got drunk
And broke in the capns trunk
The constable had to come and take him away
Sheriff John Stone
Why don't you leave me alone, yeah yeah
Well I feel so broke up I wanna go home

So hoist up the John B's sail
See how the mainsail sets
Call for the captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home, let me go home
Why don't you let me go home
Hoist up the John B's sail
I feel so broke up I wanna go home
Let me go home

The poor cook he caught the fits
And threw away all my grits
And then he took and he ate up all of my corn
Let me go home
Why don't they let me go home
This is the worst trip I've ever been on

So hoist up the John B's sail
See how the mainsail sets
Call for the captain ashore
Let me go home, let me go home
I wanna go home, let me go home
Why don't you let me go home

◇ビーチボーイズの曲でもう一つ好きなのは、All Summer Long.
この曲は、映画「アメリカングラフィティ」の最後に使われています。まさに、この映画の最後にぴったり(映画でこの曲が登場するのは、主人公たちのその後を示すショッキングな字幕の後で、youtubeにある画面の後です)。
https://www.youtube.com/watch?v=jupAHWMmlgA

◇ついでにもう一つ。
 Kathy Troccoli#ビーチボーイズのメンバーの前で  I can hear the musicを歌っています。これは、1996年のアルバム Stars and Stripes Vol. 1 のためのもの (30:53~)。
https://www.youtube.com/watch?v=KC9VHNzJ35o 。

 ビーチボーイズのメンバーは、一緒に歌っているというよりは、Kathy の歌唱力に圧倒されて、困惑しているように見えます。ブライアン・ウィルソンでさえ、当惑したような顔をしています・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=ICAsimtEsU8

 結局、このページは、開けばすぐにビーチボーイズの曲を聞けるリンク集になってしまいました。半分は、私自身が使うために作ったようなものです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
一人の伝道師(エバンジェリスト)として、noteを使って何ができるかに挑戦します。