さいごんすりむ(@SLIMSAIGON)

しばらくの異国暮らし。お金もコネも語学力もないから、野生の牛と遭遇したり、ボッタクられたり、ジュース1本買うのも一苦労だった。儚くて、質素で、安上りで、それでも前向きにコムタムを頬張る仲間たちは何をしてるだろう。大くの幸せが降りそそぐように、願いと愛を込めて。
固定された記事

キミがもらう、はじめてのラブレター

「おともだちいっぱい」 キミに、たくさんのおともだちが できますように。ねがいとあいをこめて。 えーん。えーん。 キミはどうしてないているの? だって。おうま…

手紙のように少しだけ。

POTLUCKという飲食系のサービスに従事していたのですが、フルコミットを離れることにしました。実際に空き時間で関わっていければと願うものの、どこまで動けるかわからな…

人生最大のピンチで考える情熱の限界について。

よく「●●する10の法則」などビジネス書に、「言葉ではなく情熱を伝えれば状況は自然と変化していく」といった内容がつづられている。また、「真剣に観察すれば必ず解決策…

営業は奴隷じゃねぇんだよ。~皮の巻~

いいかい?営業職のみんなは、オレのマーケティングで躍るダンサーなんだよ?コチラには目線もむけずにマックのPCをいじくる姿はまるで、「自分はエリートだ」という概念…

営業は奴隷じゃねえんだよ。~骨の巻~

営業職って要はコミュリョクじゃん! ある日、喫茶店で大学生と思われる2人組の会話が聞こえてきた。1人は細身のイケメン。もう1人はひげ面の太っちょだが、清潔感のあ…

営業は奴隷じゃねぇんだよ。~肉の巻~

あれ、お前もう帰るの? 部長の席から野太い声が聞こえた。 空耳かな? ブラック企業じゃあるまいし、家族の誕生日にそんな声が聞こえるはずないよ…と、ブツブツ下を向…