船盡月布

山形の山奥で毎日1トンの水を手汲みして津々浦々に送っています。日本の湯と水は世界を祓い清め癒す力を持ってる。☆ペルシア語&言霊学勉強中★吟遊占星学徒☆温泉省温泉大臣★

明るい夜と暗い昼を歩くために

せかしたててくるような人工の光から離れて、月光浴してみた。 pまあ月もまた変換人による人工物かもしれないけど、、 光合成できそうなほど、感知できていないだけで実は…

公衆トイレは偉大なターミナルだ

夏の夜の田舎の道の駅の公衆トイレはなぜにこんなに落ちつくんだろう。 王国のように思える。 建物のそばには木が植えられていて、 その足下には整えられたミニチュアの草…

触れたこともない通過駅の街路樹のことを永遠に忘れない

」。。.レ「 中学時代に自転車に乗っていたときにみえてた雑草のこととか、 高校時代の通学電車からみえてた木のこととか、 スリナガルの空港に降りたったときの振動のこ…

~石巻・田代島の廃校にて~ 間奏

石巻、田代島の廃校の音楽室に忍び込み まだ音の鳴るピアノを鳴らしてみました

東北の山間で毎日一トン、半合法の「死国の水」を「水汲み代行」しながら生活してるワゲシの話

こんばんは、 ( ̄▽ ̄;)( ̄、 ̄@) 自分は今、雪深い限界集落の車庫に住みながら、毎日「水汲み代行」したり、オオカミのウンチを加工したりしながら生活しています。こ…