見出し画像

健康に動ける40代になりたい人がすべき10のこと

昨年末に久しぶりに体重計にのったらベスト体重から+6キロという驚愕のデータに。

そこから本格的に体を立て直そうと思い3週間弱経過。結果としてはー3キロだけど筋肉量は落とさず推移できた。これはなかなか。

10個くらいのポイントを意識したので、ここに書いておきます。

1.食事重要。カロリー制限よりも自分が何を食べているかの理解が大切。なのでできれば毎食食べるものは写真に撮っておいたほうが良い。そこから摂取カロリーとか面倒なことはやらないでも良い。続かないから。

2.睡眠重要。寝不足は太るという仮説を持って取り組んだ。筋トレとかランニングとかした日は極力7時間〜7.5時間寝るようにする。それ以外でも6.5時間は寝るようにする。あと部屋の温度は18度とちょい低め、眠りに入りやすいようにラベンターとかもたいています。これは個人の嗜好によりますね。

3.タンパク質重要。むやみに痩せたいということではなく息子と一緒に運動できるように筋肉を落とさずむしろつけたいというニーズあり。故に朝と夜にはプロテインを飲むようにした。まずいけど腹持ちするしまあ薬飲むようなもの、トレーニングの一貫として割り切る。うまいものがあればなおよし。

4.腸内環境重要。腸内が不安定だとくしゃみがでやすくなったりかぜ引きやすくなったりやせにくくなったりする。これを整える。個人的には難消化性デキストリンをお茶に混ぜて飲んでますね。腸内細菌の食い物としてはコイツが良いらしいので。

5.「適度な」筋トレ重要。前はジムに毎日いって1時間とか過ごしていた時代もありました。でもそれだと続かないし面倒。なので楽することにした。平日どこか2回、土曜1回、1回はきっかり30分。トレーニングウェアも新調してテンションを上げた。その代わり限界ウェイトの計測はしっかり。あとジムは遠いといかなくなるので家から10分以内がベスト。あと行きたいときに行けることが重要なので、24時間、土足で行けるエニタイムフィットネスにかよってます。

6.健康ギア重要。PDCAオタクなのでデータしか信用できない。なので、Apple Watchで出来る限りすべてのカラダのデータを計測。睡眠時間はJawboneで。体重はWithingsで。データ管理は機械にやらせる。

7.子どもとのトレーニング時間大事。週末子供と一緒にフラッグフットボールやっているのでそこでカラダを動かして毎週より動けるようになっている実感を持つこと。平日も早く帰れれば一緒にトレーニングする。動けるかっこいい父親になるというイメージは自分にとって大切。

8.風呂重要。風呂の鏡をピカピカに磨いて毎日自分のカラダを見る。カラダを洗うときにいろんな部分を意識して見る。風呂に好きな入浴剤いれてリラックスして20分とか長めに入る。

9.常に新しい情報を入れる。本でもネットでも良いから新しい情報を入れる環境を作って、それを試してみる。

10.ストレッチする。以外にカラダが疲れているので、ストレッチはなるべく毎日やって、難しければ、ジムの後にはやる。ケガにしくくなる。痛いところがなくなってくる。おすすめ。

最後にこの10個を考えるに当たって大いに参考にした書籍を4冊ほど。

「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割」 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00LVU59CC/


「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」

https://www.amazon.co.jp/dp/B015S5545W/

やせる!若返る!病気を防ぐ!腸内フローラ10の真実

https://www.amazon.co.jp/dp/B01827SWA2/


世界一伸びるストレッチ

https://www.amazon.co.jp/dp/B01BKCLDIY/

あ、あと閑歳孝子さんのブログも参考になりますよ。見てみてください。プロテインは閑歳さんおすすめのをiHerbで買った。

http://unicco.hatenablog.com/entry/2016/12/30/155600


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!note続けられそうです!
87
広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。

この記事が入っているマガジン

クリエイターが輝き続ける「美と健康」の新戦略💄💪
クリエイターが輝き続ける「美と健康」の新戦略💄💪
  • 124本

かつて織田信長が好んで謡い踊ったことで知られる幸若舞『敦盛』の有名な一節は「人間(じんかん)=この世の五十年は、神々の世界の一日に相当し、それと比べたら一瞬のようなものだ」と説いている。どんなに丈夫でいいヤツでも遅かれ早かれ全員死ぬのがこの世界の真理だが、自分はまだその時ではないし、何より先に滅びるのは敵の方だ――そんな思いや覚悟で信長はこの舞を舞ったのだろうか。 翻って現代人は、医療技術や食料事情などの進歩により、ともすれば下天の二日分を生きるようになった。しかし、我々が人生に向き合う覚悟は信長のそれに遠く及ばない。 クリエイターの多くは短命だが、それは長年の過労と不養生が祟って病に倒れたり、困窮と不遇の中で失意の果てに己を絶ったりしたためだ。一方で健康を気遣い、往生までに数多の作品をものした作家もいる。強さとは恐怖を克服することではなく、恐怖を勇気に変えて未来の活路を切り開くことだ。

コメント (1)
3週間で筋肉落とさず-3kgすごい!「動けるかっこいい父親」いいですよね〜。
私も「健康な身体づくり」を目指していてとても参考になりました!また経過教えてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。