見出し画像

大慶寺お便り会員募集

大慶寺では毎月の月初めに

「法話箋」というものを発行している。 

法話箋(ほうわせん)とは


簡単に言えば大慶寺から、檀家さんや関係ある方へ送るお手紙だ。

そのとき感じていること、僧侶としての思い、お寺が目指していること、各種報告やご案内など、内容は多岐にわたる。

師父の代から始め、昨年引き継いで送付している。

4月で479号であった。

つまり12ヶ月で割ると40年近く続けている事になる。

僕は、この毎月の法話箋は、お寺と檀家さんとの大切な大切なコミュニケーションツールだと思っている。

大慶寺ではFBやLINEなど、オンラインのコミュニケーションも積極的に取り入れているが、このアナログな法話箋は、今後も続けていきたいと強く思っている。 


「檀家」か「檀家じゃない」か

さて、日本のほとんどのお寺というのは檀家制度で成り立っている。

大慶寺も、もちろん檀家さんに支えられて成り立っている。


とはいえ、現状をみると大慶寺では、様々な関係の中で、檀家さんはもちろん、檀家さんではない人にも多く支えられている。

けど、大慶寺の制度では、「檀家」か「檀家ではないか」の2択しかない。

白か黒か、


中間がないのだ


そこで、先日の役員会で、「お便り会員」というものを導入することになった。

ほかに菩提寺があるけど大慶寺が好き

檀家ではないけど大慶寺を応援したい


という方もいらっしゃるのではないかと思いからである

是非「お便り会員」になってもらいたい。


「お便り会員」といっても、特別なことはなく、ただ、毎月こちらから法話箋をお送りするだけです。

年末に振替用紙をお送りするので、任意ではがき代をいただければ幸いだが決して強制ではない

下記のフォームより募集をしています。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

大慶寺公式LINE イベントや各種行事の案内 気軽な相談なども可能です https://lin.ee/vbqP4MN

6
お寺の三男として生まれ、早稲田大学に進学するも、20歳過ぎて僧侶の道へ。 藤枝市に戻りNPO法人SACLABOや一般社団法人SACLABOを仲間と立ち上げまちづくりに励む。 お寺と地域の関係性のリノベーションを目指し活動している。

こちらでもピックアップされています

Thanks みんなのフォトギャラリー
Thanks みんなのフォトギャラリー
  • 2656本

みんなのフォトギャラリーでご使用頂いた note クリエイターさんの記事をまとめています。ご利用ありがとうございます。note 見出し画像でご利用の際は、[ハタモト] で検索してください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。