自分のことを、現在からさかのぼってみた。
見出し画像

自分のことを、現在からさかのぼってみた。

ゆういち/株式会社SUGOIのCOO

2020年4月(36歳)Youtubeで本の話している
SUGOIという会社のCOOとして、noteを書き、YouTubeでは本について話をしている。役職とか仕事内容とか説明するのが複雑すぎて、困っている(楽しんでいる)。


2019年2月(35歳)COOに就任

COOに就任。自分でクリエイティブなものを作るより、クリエイティブなものができる環境をつくりたいと、COOに立候補。就任。

2017年4月(33歳)初東京・初サラリーマン
SUGOIに入社。初のサラリーマン、初の東京暮らし。新神戸から東京行きの新幹線に乗った時、ホームで見送ってくれた家族に感謝。そして、

2016年10月8日(33歳)結婚式
2年越しの挙式。最高の友達と最高の式場で最高の式ができた。自分のロン毛を編み込みにするために、入り時間が1時間早まる。

画像2


2014年12月(31歳)塾講師 part2

アルバイトとして、塾講師に出戻り。映像を諦めないために、アルバイトという契約でお願いした。

2014年11月(31歳)ビザ却下
一時帰国が永久帰国になった瞬間。アメリカ大使館での面接に失敗。あの時の淀屋橋の駅までの道のりは、覚えてないけど、覚えている。変な感覚。

2014年10月8日(31歳)夫になる
あずささんと入籍。仕事も貯金も何もなかったのに。。。。ありがたい。

2014年7月(30歳)アメリカで暮らすための一時帰国
ビザ面接ために、一時帰国。あずささんと一緒にアメリカに行くぞと、やる気メラメラ。

2013年9月(30歳)フリーランス生活スタート
映像を撮ったり、詩を書いたり、ダンスを作ったり、やれることはなんでもやった。

2013年3月(29歳)UCLA Extension卒業
卒業制作で短編の映画を制作。ロサンゼルスの映画祭のセレクションに選ばれる。

2010年9月渡米(27歳)アメリカ留学
ロサンゼルスに移住して、映画の勉強を始める。空港で、家族みんなで撮った写真は、今でも大切な宝物。

画像4

2010年8月(26歳)日本での学生生活の終わり
京都大学大学院を中退。担当教官が引き止めてくれたことをいまだに覚えている。気にかけてくれる人がいることは、幸せだ。

2009年(26歳)英語も映像も本気でやりたくなる
気づけば大学院での研究よりも、映像をつくることに興味が湧いてくる。
目標をアメリカ留学に定めて、塾講師2つと家庭教師のバイト3つを掛け持ち。

2007年4月(23歳)モラトリアム大学院入学
先輩には、教授を馬鹿にしていると散々言われた。でも、やりたいことやりたくて。北海道の牧場でバイト→北海道一周→カナダに語学留学。

2007年3月(23歳)京都大学卒業
卒業旅行で初の海外へ。オランダ・ベルギー・ルクセンブルクに。
英語できないし、文化違うし、とにかく怖かった思い出。

ベネルクス 382

2006年4月(22歳)映像に出会う
大学の授業で、NHKのプロデューサーの方に、映像の作り方、考え方、文法を教えてもらう。これならできる、って思い始める。

2003年4月(19歳)京都大学入学
自分の好きな勉強ができることが嬉しくて仕方なかった。ワクワクしてた。

2002年4月(18歳)浪人生活
夏までは、アルバイトしたりと、ふざけた浪人生。夏休み中に入院。京大模試ではE判定。夏から奮起。毎日15時間勉強。結果、京都大学文学部に合格。

2002年3月(18歳)高校卒業
やっと自由になれる。卒業に感慨も何もなく、出れたことに安堵感。卒業時の集合写真にも写ってない。

2000年(16歳)クラス全員から無視をされる
高校2年生の時、学校もなにもかも嫌いだった。逃げ場所として、マクドナルドでバイトしたり、地元の友達とつるんだり。

1996年4月(12歳)中学入学
入学早々のテストで学年1位をとる。ここで調子に乗ってしまった。

1996年3月(12歳)中学受験
中学受験の時の家庭教師の先生に憧れて、勉強ができることがかっこいいって教えてもらった。

1995年7月(11歳)勉強に目覚める
片道1時間半かけて、中学受験の塾に通いだす。行きの電車で買うグリコが何よりの楽しみだった。

1983年9月(0歳)誕生
台風の夜に生まれる。

画像1


このように、一貫性があるようで全くない人生を生きてきました。
また来年に、数ヶ月後に何か追記できるのを楽しみにワクワクしています。


ちなみに、子守祐一の最新情報はTwitterで。


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゆういち/株式会社SUGOIのCOO

ここまで読んでいただきありがとうございます。 この世界のどこかにこうして私の文書を読んでくれている人がいる。それだけで、とても幸せです。 サポートしていただいたお金は、また別の形で素敵な人へのサポートとなるような、そんな素敵なつながりを産んで行きたいです。

あなたの大切な人にも、「スキ」を送ってください!
ゆういち/株式会社SUGOIのCOO
34歳で塾講師から「愛とアイデアのある会社」SUGOI に入社 / SUGOIというクリエーターの居場所を、より良いものにするためにCOOに立候補/ 日本一のCOOになります / 個人のストーリーを聞いて、言葉にしています