新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SIX powered by Plug and Play Japan APRIL Edition 4/24 [ONLINE Event Report]

こんにちは!Plug and Play Japan山本です!

毎月金曜の朝に開催しているSIXピッチイベントですが、今月は初めてフルリモート、で開催しました!3月もオンラインではあったのですが、登壇者とExecutive Observerの方々(以下EO)には会場に来ていただくことができたので臨場感ある演出ができました。しかし、4月は全員リモート参加。ということで新たなチャレンジとなりました!

SIX powered by Plug and Play Japanは毎月金曜の朝に開催されるピッチイベントで、毎月トピックに合わせて6社のスタートアップをお招きします。1スタートアップ6分ずつピッチをしていただき、3分間VC/エンジェル投資家のゲストEOより質疑をしていただくようなイベントです。Plug and Play本社でも毎週金曜日にモーニングピッチを実施していますが、もっともっとスタートアップが前に出ていけるような場所を作るために立ち上げたプロジェクトです。

1月のイベントレポート |   3月のイベントレポート | 特設イベントページ

4月のテーマは Entertainment Tech / エンタメテック

毎月同様テーマにそったスタートアップ6社を集めました!普段Plug and Play ピッチイベントではカバーしないようなトピックであったことから非常に面白いセッションとなりました。

6社のラインアップはこちら:

1. CryptoGames 株式会社 https://cryptogames.co.jp/
2. GRIP Inc. https://www.grip-inc.co/
3. WALLSHARE株式会社 https://wall-share.com/
4. 株式会社わたしは https://watashiha.co.jp/
5. 株式会社ストリーアイランド https://www.storyisland.jp/
6. 合同会社BOOKPORT https://bookport.net/

Executive Observerとして参加していただいた豪華なゲストの皆さまを紹介します。

画像3

▲Executive Observer3名より質疑応答タイム中


*株式会社KVP パートナー 御林洋志氏
有限責任監査法人トーマツにて会計監査・株式公開支援業務を経験した後に、2013年1月グローバル・ブレイン株式会社にキャピタリストとして参画し、複数のベンチャー企業への投資実行・経営支援を経験。2016年3月よりKVPにパートナーとして参画。シード・アーリーステージのスタートアップへの投資実行・経営支援・エグジット支援に従事。

*Heart Driven Fund ヴァイスプレジデント 熊谷 祐二 氏
2014年にiemo共同代表取締役COO就任を経て、同社をDeNA社へ売却。 2015年にスポーツテック事業を手掛けるSkyBall社を創業し、2018年にアカツキへ売却。アカツキのesports事業責任者並びにProfessional EsportsLeague取締役に就任。2019年8月からHeart Driven Fund ヴァイスプレジデントに就任。自身の起業·経営経験を元に主にシードステージの投資実行、ハンズオン支援を強化する。

この2名に加えて、4月はPlug and Play Japan Venturesからは小林が参戦しました。

配信自体は、来月同様EventHubのみでの提供となり、今回は前回より増席し、80席用意しました。来場者の属性は下記グラフご覧ください。

画像1

▲来場者属性

各社6分間画面共有しながらピッチしていただきました。ピッチ資料を全画面で見ながらピッチしてくれている方の様子も右上で見れるような仕組みになっています。

画像6

▲ ピッチ中の様子

今回は初めてのフルリモートピッチイベントということもあり、タイムキーピングに苦戦しました。パソコン越しで6分ぴったりでピッチを終えていただくことができず、全体的に大幅に押してしまいました。下の視聴率チャートでも見れるように1時間半続けて試聴を求めるのは難しいということを学びました。コメントセクションなどで1分前などのアナウンスをしていてもピッチをしている最中は見る余裕もなく。ピッチの流れを遮ることなく、タイムキーピングしてあげれるような仕組みづくりをどう作ろうか今チームで試行錯誤中です。

画像2

▲視聴率トラッキング

長時間に渡りましたが、みなさん最後まで残っていただけて、記念撮影。

画像4

事業+〇〇、協業なり、投資なり、サービス展開なりと登壇スタートアップがピッチする事業と何かしらをシナジーを感じた参加者が出会える場所、として開催してるイベントですので、視聴者と登壇者、視聴者同士、が繋がれる環境を作るためにEventHubのみでの配信を徹底しています。

今回工夫してみた点としましては、EventHubの使い方や登録の仕方を事前にもビデオなどでメールでお送りしたことと、イベントの冒頭で画面シャアを通して行ったことです。(EventHubについて

最後に

パソコンに話しかける、オーディエンスのリアクションがわからない、という環境でのピッチは登壇スタートアップにとっても新しいチャレンジかと、最近オンラインイベントをするに当たって痛感していますが、対面で会えない時だからこそピッチイベントに参加し続けて欲しいと感じています。

全員がリモートで参加するピッチ、運営側としてもチャレンジを感じ大変緊張しました。

とは言っても先日Plug and Play Japanで開催したCOVID-19のWebinar (コロナと共生するサービスやプロダクトを提供する国内スタートアップ10社が登壇)も含め、フルリモート前提でこれからも準備していく必要があります。

今回の反省も含めて、より登壇者・視聴者、両者にとって有意義なピッチイベントになるように努めていきたいです。

次回は5/29 9:00am ~ Digital Transformationのトピックで開催します。奮ってご参加ください!

SIX powered by Plug and Play Japan MAY Edition // Digital Transformation 5/29 9:00am ~ 10:30am 

------------------------------------------------------------------------

画像6

[新型コロナウイルスに立ち向かう100のスタートアップを特集したeBookが公開されました]

Plug and Play Japan はこの度、新型コロナウイルス感染症の拡大に立ち向かい革新的なソリューションを提供しているスタートアップ100社を特集したeBook(電子本)を作成し、特設サイトで無料公開いたしました。

在宅勤務中の方、医療関係者の方、小売業界や飲食業界、観光業界の方、心身の健康維持に悩む方々などにご活用いただける10か国、計100社のサービスを紹介していますので、リンクよりダウンロードしてご覧ください。


関連する記事:

SIX powered by Plug and Play Japan JANUARY Edition 1/24 [Event Report]

SIX powered by Plug and Play Japan MARCH  Edition 3/27 [ONLINE Event Report]

オンラインイベントの”次の”可能性を検証してみる - SIXのオンライン開催について



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
Passionate about meeting & connecting forward thinking people 👩‍💻

この記事が入っているマガジン

Plug and Play Japan Magazine
Plug and Play Japan Magazine
  • 60本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。