松本薬夏

俳人。公益社団法人俳人協会 会員。ゆうぎり句会 主催。寝屋川NEFNE ポレポレ俳句部部長兼講師、俳句の作り方をお伝えしたり添削したり一緒に考えたり。基本的には大阪の下町で俳句詠んでお酒を呑んでいるだけの女です。 通販→ https://yakkam.booth.pm/
    • 酩酊日記

      • 4本

      酔いどれ薬夏の冒険。

    • どう足掻いてもヌルヲタ日記

      • 1本

      ゲーム、アニメ、漫画、映画、舞台、その他諸々、作品や推しについて語ると言う名目のヲタク日記。毒にも薬にもならない。

    • 薬夏と小雪の書評空間

      • 2本

      小雪さんと松本薬夏による読書記録、合同企画。読んで、考えて、言葉を綴って。

    • 纏わる微熱

      • 2本

      ── 女流俳人の足音を追って ※『火星』にて連載していた随筆の加筆修正版及び続編です。続編を掲載して下さる紙媒体を探しています。

表現と受け取り手と昔の男

 なんてテーマの謎スペースを開いてしまったのだけれども、まあ途中日本酒も入っていたので許して。枯葉マナコと組んだらこうなるんですよ。うん。  今週の! Ya…

1か月前

<一側面>もまた私自身で。

 Twitterをよく見てくださっている方、そして長年の付き合いの友達はお気づきだとは思うが、私は審神者業に就いている。  この時点で既に、俳句繋がりで偶々ここを読んで…

1年前

6秒を超えて残ってしまう

・人の感情は6秒以内がピークらしい、という話  どこでそんな情報を仕入れたのかは既に覚えていないのだけれども、人間の感情というものは6秒がピークで、そのあとは薄れ…

1年前

帰還

・フラッシュバック期間の話  今日から七月、一年の折り返し、と考えると本当に早いもので、今年前半はどうやって過ごして来ただろう、ちゃんと生きて来られたかな、など…

1年前

書評02 芥川龍之介「蜘蛛の糸」

序.  「蜘蛛の糸」は1918年7月、児童向け文芸雑誌『赤い鳥』に発表された、芥川龍之介にとって初の児童文学作品である。そのような経緯を踏まえても、この作品が子どもた…

2年前

2018年 俳句四季新人賞最終候補作

 2018年度「俳句四季新人賞」最終候補に残していただいた句群、30句です。よろしければ、眠れぬ夜のお供にでも。   結末の夜              松本 薬夏 …

200
2年前