新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『令和へのバトン』 企画の背景と参加方法

みなさん、はじめまして。
株式会社キカガク代表取締役の吉崎亮介と申します。

画像1

キカガク社会人向けの教育事業を行っている会社です。
大人の塾』とイメージしてもらうとわかりやすいです。
どのようなことを教えているかというと、人工知能 (AI) の領域に強みを持っているため、この難しい数学プログラミングをなるべくわかりやすく、お伝えしています。

画像2

そんな弊社が、今回は『#令和へのバトン』と題した企画を作りました。
この背景には、昨日 2020.02.27 に決まった全国の小学校、中学校、高校が臨時休校があります。
私が学生時代であれば、飛び上がって喜んだかも知れないなとニュースを聞いたときに思いました。

学生にとっては嬉しい状況かも知れませんが、日本にとっては心配な声も上がっていますね。
また、親御さんにとっては家に子供を残していく心配などが多いと思います。

他の教育企業では、学生向けに情報を無償公開などしているところも出てきており、キカガクでも教えている内容を公開しようかと話していましたが、やはり内容が難しすぎること、そして、高校生でギリギリ挑戦できる範囲に関しては、Chainer チュートリアルの執筆に協力した際に、だいたい紹介していることもあり、今回は別の形で何か、これからの日本の将来を担っていく若者たちに貢献できないかと考えました。

その結果、もし自分達が学生時代に今の経験を持ったまま戻れるとしたときに、これからの長い春休みをこんなことに使うだろうといった知見をプレゼントしたいと決めました。

そして、この企画は単なる社内からのブログ発信にとどまらず、色々な方のお力を借りて、より豊かな知見をプレゼントできる企画にしたいです。


■ 企画への協力のお願い

いま、長い人生を過ごしてみて振り返ると、あのとき○○をしていれば良かったと後悔することはありますよね。
こういった経験を踏まえて、これからの若者にどのような経験に時間を使うべきか、みなさんの意見を教えていただきたいです。

参加方法は簡単です。
どのようなメディアでも良いので、下記の内容例を参考に伝えたいメッセージを込めたブログを書いていただき、「#令和へのバトン」 のハッシュタグを付けて SNS へ呟いてください。

私がブログを拝見し、令和へのバトンのサイトへ随時記事を追加していきます。
いろんな知見が貯れば、これからの若者がどのように時間を使うべきかクリアになり、より良い社会が待っているのではないかと期待しています。


■ ブログの内容例

内容に関してはこれからの世代に伝えたいことであれば、フォーマットは問いませんが、内容に迷ったときには以下の3つを書いてみてください。

・あなたなら、この春休みをどう過ごすか?(小学生編)
・あなたなら、この春休みをどう過ごすか?(中学校編)
・あなたなら、この春休みをどう過ごすか?(高校編)


それでは、多くの方と一緒に、これからの世代を豊かにできることを大変楽しみにしています。


P.S. 私の考える教育について考えた記事です。優秀な人が増え、日本や世界がより豊かになることが願いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
株式会社キカガクの代表取締役社長をしています。 日々、教育とはどうあるべきかを考えて行動を繰り返しています。