見出し画像

洗えてたためるポータブルベビーサークル

というものを購入した。
これがめちゃくちゃ良かったので、ぜひ悩める子育てパパ・ママにおすすめしたい。

寝返りからの移動が始まった

生後4〜5ヶ月ぐらいのときから寝返りで少しずつ移動しだした。目を離したすきにとんでもないところに移動している。しかも音がしない。

リビングにマットをしいていたが、徐々に移動範囲が広がって、マットエリアを抜けてゴロゴロ。マットを追加購入して面積を広げたものの、それをさらに超えて移動。

寝返り、ヤバイ。

このままでは起きている間はほとんど仕事ができなくなってしまうため、ベビーサークルを購入することにした。

ベビーサークルについて

ベビーサークルはいくつか種類がある。木のようなもので出来た「柵」のような形や、ショッピングモールでみかけるようなクッションで出来たものなど。

今回購入するにあたって
・折りたたみできる
・持ち運べる
・汚れても洗える
などの条件を考えていたのだが、これにピッタリのものが見つかってしまった。

それが、日本育児社製の「洗えてたためるポータブルベビーサークル」である。

結構広い

こういったベビーサークルの利用にあたって、狭いのが可哀想などの意見があると思う。ところがこの洗えてたためるポータブルベビーサークルは結構広い。

0〜2歳ぐらいの子供だったら2〜3人入っても大丈夫なのではないだろうか?うちの子供はこの中をぐるぐると縦横無尽に楽しそうに暴れまわっている。

簡単にたためる

いくつか他のベビーサークルも見たのだが、大抵のものは組み立て式になっていて折りたたみのものは珍しい。

この洗えてたためるポータブルベビーサークルはワンタッチ(正確には2タッチ?)でたたむことができる。

収納の袋もついているので、持ち運びもできる。例えば実家に持っていったり、公園に持っていって使うなんてこともできるかもしれない。

洗える

子供を遊ばせていたら、よだれをたらして汚してしまった。しかし問題ない。なぜなら洗えてたためるベビーサークルは、布部分を取り外して洗濯することができる。取り外し・取り付けも簡単だ。ヤバイ。

安定

つかまり立ちをして倒してしまうのではないかと不安な方もいらっしゃると思う。心配ない、すごい安定性だ。

この安定プレート、すべりどめもついているので滑らない。

利用シーン

赤ちゃんが安全に過ごすためのベビーサークルだが、この洗ってたためるベビーサークルを活用すれば、子育てライフが充実すること間違いなし。こんな使い方をおすすめしたい。

自宅ではおもちゃを入れてプレイルーム的に

100円ショップなどで買ってきたビニールボールを入れれば、ショッピングモールにあるようなボールプールが出来上がり。うちでは人形やおもちゃをいれておいて、子供はそれで自由に遊んでいる。

オフィスに持ち込んで臨時の託児スペースに

オフィスに託児スペースを設けたいと考えている会社も多いかと思う。しかしなかなかそれだけのスペースを確保するのは難しいと思う。このベビーサークルなら使わないときはたたんでおけるし、移動も簡単だ。僕は自宅だけではなく、クライアント先にも置かせてもらって子供を見ながら仕事している。福利厚生の一環としてぜひ購入をおすすめしたい。

アウトドアにも使える

公園の芝生や、ビーチに置いて使ってみたりしてもいいかもしれない。なにしろ洗えるので、泥や砂がついても大丈夫。

お手頃価格

そして気になるお値段だが、なんと12,800円だ。安すぎる。

実は1万円を切るようなベビーサークルも多数あるのだが、簡易的なものだったり組み立てが必要だったりする。

海外製の折りたたみ式のものは3万円を超えたりする。

これだけ使い勝手がよくてこの値段。最高か。

自宅にて

貸し会議室にて

クライアント先の会社にて

買ってくれたクライアント先の社長に感謝

寝返りが始まって困っているお父さん・お母さん、めちゃくちゃオススメですよ。

ちなみに日本育児の公式サイトからの購入ページは古くて見ることが出来ない(メンテナンスして欲しい)

楽天で買える
https://item.rakuten.co.jp/hohoemi/49553037061s/

こういう便利な育児グッズは国の補助金とかでバンバン配ってくれればいいのにな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は大切に使わせていただきます。

39
chot Inc. CEO。gloops/Goodpatch/Toretaを経て独立。子育てしながら、無料で学べるデザイン学習サイト「http://chot.design 」やってます。N高Webデザイン講師。

この記事が入っているマガジン