土門蘭

1985年広島生。小説家。京都在住。インタビューやコピーライティングなど行う傍ら、小説・短歌等の文芸作品を執筆する。著書に歌画集『100年後あなたもわたしもいない日に』、ルポ『経営者の孤独。』、小説『戦争と五人の女』。
固定された記事

2019年に書いたもの

昨日は〆切で仕事納めの日だった。間に合ってほっとした。 お酒を飲もうかと思ったがなんとなくやめ自炊をし、『3月のライオン』の新刊を読んで泣き、22時には就寝。そして…

2020/08/11(火)

次男の通う保育園が休みなので、長男も学童を休ませて、三人で映画館へ行き『風の谷のナウシカ』を観る。映画館は人が少なくて、ゆったりと観ることができた。次男が大きな…

2020/08/10(月・祝)

夏バテでからだが怠い。冷房のかかった部屋にしかいたくない。午前中はベッドに寝そべり、午後からは子供の宿題を見たり家事をしたりした。全然やる気が起きなくてびっくり…

2020/08/09(日)

大学時代からの友人夫妻とzoomで飲み会をする。zoom飲みというのは知っていたが、するのは初めて。ビールを飲みながら、ワインを飲んでいる友人夫妻とたくさん話した。すご…

2020/08/08(土)

一年に数回、記念日などの大事な日に行くお寿司屋さんがある。あまり値の張らないお寿司屋さんだけど(「わりと庶民的な値段」なのだそうだ)、自分にとっては贅沢な時間。…

2020/08/07(金)

カウンセリングを定期的に受けるようになってから、毎日気分の調子を記録している。わたしは自分で「落ちこむことが多い」とか「気分が不安定」と自覚しているのだけど、数…