見出し画像

2020年と共に、新たな始まりを。

こんばんは。
Voのmayです。
2020年、年が明けてからあっという間に10日もの日が過ぎました。
10日後には新体制フルメンバーでの初のライブも待っています。
寒さのせいか、感情が昂っているのか謎に震えが止まりません。ガクガク

個人的な話ですが、去年はずっと一人で活動をしており
仲良くしてもらっているAsというバンドのギターさんに、サポートでアコースティックギターを弾いてもらってライブをしてみたり
映像業界に旅立った後輩にMVを録ってもらったり
一人でひっそり曲を作ってみたり
それが夏までのわたくしでございます。

ふと、思い立って関東に来たばかりの時に登録していたバンドメンバー募集サイトのことを思い出し
スマホの画面とにらめっこをする日々。
こういうツールでメンバーと出会うのは、不可能なんではないか?
と思うこともありました。
せっかく声をかけて頂いても、
生活時間が合わなかったり、
理想の編成ではなかったり、
そもそもの音楽性の違いがあったり。
これは、諦めるしかないのかなという気持ちが時間と共に強くなっていきました。

声をかけて頂けることは、
少なくとも自分に興味を持ってもらえたということで
嬉しい気持ちもありましたが
いっそのことならば。
方向性の違う人とのやり取りが増えて、自分の中で妥協点を見つけて
バンドに加入する。という賭けよりも
もう、素直に晒してしまえばいい
当たり障りのない綺麗な言葉はいらなくて、
単刀直入に"私"をお伝えしましょう。となったわけです。

簡単にいうと、
・エモ系のダークでメロディアスな音楽を好む。
・世界観がある、マイナー調の曲、暗い、冷たい、哀しい。
という言葉を並べておりました。
←明るい曲は好みません。ということ。
そんなこんなで、ヨルのメンバーとして私は今
ここにおります。

さて。
私が表現するそれらは、
ヨルとして、どんな音を創り上げてくれるのでしょうか。
自分に期待。←どや。

1月19日、赤坂CLUB tenjikuでお待ちしております。
どろん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
"音楽は自分はここにいるよっていう証明なんだ" 東京発メランコリックロックバンド 『ヨル』 [member] vo.May gt.スグル ba.₫ dr.しゃなせんぱぃ [Website] http://yorunooto.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。