萬事屋すてっぷ

会社のなかに、萬事屋(よろずや)という誰が・どうやって「活躍」しても許される余白をつくる。とりあえず、この萬事屋ブログは、定年退職後の“再活躍シニア”が介護と福祉をはじめて覗いた価値観で綴っています。

衰えを前提にいきていく。|63歳で気づいた境地。

萬事屋すてっぷのえつおんじです。 コロナの蔓延防止等重点措置が、すべての地域で解除された…

「高齢社会白書」を63歳が読んで、先の40年を考えてみた。

萬事屋すてっぷのえつおんじです。 暖かくなりました。桜の蕾が色づいたと思ったら、瞬く間に…

新人1年生は62歳 ~萬事屋(よろずや)勤務の365日を振り返る~

萬事屋すてっぷのえつおんじです。 この冬は本当に寒い日が多かったですね。親指のあかぎれを…

地域活動(離島)でつくる"自前”の介護資源

こんにちは。萬事屋すてっぷのえつおんじです。 ついこの間、新年を迎えたかと思ったら、もう2…

63歳が実践する個人-社会-地域 3拠点での暮らし方(イキカタ)

こんにちは。萬事屋すてっぷのえつおんじです。 すぐそばまでお正月が迫ってまいりました。今…

60歳からの健康寿命と”イキカタ探し”

こんにちは。萬事屋すてっぷのえつおんじです。 やっぱり観光地には人のそぞろ歩く姿と賑わい…