よりそい相ノとしえ

「よりそい相」が視えるひと。 よりそい相とは、夫婦縁そのものにカルマ(業)がなくよりそうような夫婦生活が送れる夫婦相。性別・国籍を超えて現れるのが特徴。3年前から突然視えるようになりました。いつ失われるかというこのチカラを必要な方に届けています。

今夜はとっても美味しいカニのパスタが食べたくなって、でも食べさせてくれそうなお店はお休みだったり休業中だったり、3店舗だめであぁこれは自作かと、2軒目で生のずわい蟹が半額で買えて帰宅してカニ味噌もたっぷり入ったトマトクリームパスタを作り大変美味しゅうございました。人生の縮図ね。

半沢直樹のオネェ口調で公演の役者さんをみて、あれ、あの女優さんとはその後どうなっなのかな、別れちゃったのかしら、あの相なのに…と思いネットを見たらご結婚されてました。ホッ。芸能ニュース疎くて。お陰さまで能力は健在です。

風が吹き亘ることで自らの命の水が震え新しい命が生じる時。

「手足は水によって清められる。心は真実によって清められる。人間の本体は学問と苦行によって、判断力は知識によって清められる。不浄なものを見たときは、常に、水をすすった後、注意深く、最善を尽くして太陽に関する聖句、および清めの聖句を低唱すべし。」苦行以外は現代にも適応してます。

最初の進学先や就職先は、親はどんなに子どもによかれと思っても、1ミクロンも介入しない方がいいです。竹でいえば、無理に曲げられたいびつさで、いずれは無理をしてでもその時の『節目』に戻ろうとします。親(大人)から無理に曲げられたという恨みが残る場合もあります。好きに選ばせてください。

雨続きで畑に入れず今朝こそ畑に行こうと農作業支度して外へ出たら雨でした。弱い雨だったので気がつきませんでした。隣の建物から側溝に伸びてる配水管の水音がポチャポチャリン・リンと水琴窟みたいな音がしています。なにもしなくていいひがはじまりました。