見出し画像

小規模事業者持続化補助金の採択通知から支払いまで

申請完了から採択までは2ー3か月かかります。
採択されると、メールと文書で通知がきます。

申請時と同じ内容で問題がなければ、交付申請をして事業開始が出来るのですが、申請から2-3か月経っているのもあって、計画内容に見直しが入って経費の内訳が20%以上変わってしまうと計画変更の申請をする必要があります。
計画の変更も承認されて、ようやく事業開始となります。

事業終了日は各回で決まっているので、申請や変更で時間がかかればかかるほど、事業期間が短くなります。
補助金事務局から、申請内容や変更内容について細かいチェックが入り、何度か差し戻しがされるのですが、即座に対応して修正を再申請しても補助金事務局の対応は1週間単位で時間がかかります。
ここがストレスになります。

あっという間に事業終了日が到来すると、今度は実績報告=>清算払請求、そして請求からも1か月くらいたって支払いになります。
最初の申請準備から考えると1年くらい時間がかかったことになります。

ハードルは低いですが時間がかかるし最大50万ですから、できれば、創業支援等の優遇条件で50万枠を100万にして臨みたい補助金です。

一度経験しておけば、補助金がどういうものかは理解できますし、そのためのお作法や事務局とのコミュニケーションの方法等をこの補助金でスタディして、もっと大きなものづくり補助金事業再構築補助金にのぞむ準備とするというのはいい考えだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!