平井洋のクラシック本音レポート

8月のサントリーホールサマーフェスティヴァル2020「一部を除いて予定通り開催」

オーケストラコンサートなど、ぼちぼち始まった昨今ですが、さすがに夏の音楽祭などは大体がお休みで、さて秋から、といった構えです。そのなかで注目されたのが8月のサントリーホールサマーフェスティヴァル2020。結論として「一部を除いて予定通り開催」ということになったようです。

もっとみる

自分が音楽会などを主催する立場になる人が、今の時期どう考えるべきか

2020年7月2日と3日、東京都の新規感染者数が100を超えたというのが話題になっています。検査の数を増やしたからとか、様々な理屈はあるにせよショッキングな面があったことは否めないでしょう。で、今回は音楽関係者で自分が音楽会などを主催する立場になる人が、今の時期どう考えるべきか、というようなお話です。

もっとみる

有料デジタル衛星放送ミュージックバード「ウィークエンドスペシャル」

東京FMグループのミュージックバードという有料デジタル衛星放送に「ウィークエンドスペシャル」という番組があります。FM東海からFM東京になったあたり(気が遠くなるような昔ですが、実際その頃きいていました。年をとるわけです。)はFM本放送で半分以上クラシックだった、という夢のような時期もありましたが、その後順調にクラシック系の比率は減り続け、いよいよ本放送ではなく分家の専門有料チャンネルにお任せにな

もっとみる

2020年7月7日のイマジン七夕コンサート「名曲で巡る120分世界一周」サントリーホールは決行

2020年7月7日のイマジン七夕コンサート「名曲で巡る120分世界一周」サントリーホールは決行されるようですね。その直後の7月11日は東京二期会が東京文化会館でオペラ歌手を中心としたガラ・コンサートです。

もっとみる

再開に向けて動き始めたクラシック業界で、注目される4人 川口成彦、會田瑞樹、平井俊邦、大石哲史

再開に向けて動き始めた当クラシック業界で、注目される4人をご紹介したい。川口成彦(フォルテピアノ奏者)、會田瑞樹(打楽器奏者)、平井俊邦(日フィル理事長)、大石哲史(バリトン歌手)。

もっとみる

パリ管弦楽団の新しいシェフにクラウス・マケラ

パリ管弦楽団の新しいシェフにクラウス・マケラという発表がありましたね。
https://www.harrisonparrott.com/
なんせ1996年生まれ。オスロフィルのシェフになったばかりで、それすらニュースと思っていたら、あっという間のパリ管就任。上り坂のときの典型です。

もっとみる

2020年7月11日東京文化会館 東京二期会スペシャル・オペラ・ガラ・コンサート「希望よ、来たれ!」

東京二期会スペシャル・オペラ・ガラ・コンサート「希望よ、来たれ!」が急遽発表された。2020年7月11日(土)に東京文化会館大ホールです。森谷真理、妻屋秀和他の二期会ソリスト達と沖澤のどか指揮の東京交響楽団。

もっとみる

2020年6月10日サントリーホール日本フィル&広上淳一ライブ 無観客有料配信公演

2020年6月10日、サントリーホールにて日本フィル&広上淳一の久しぶりのライブ。無観客有料配信公演で、少人数の取材者が2F席にポツンポツンと離れて座る。

もっとみる

2020年6月5日バレンボイム&ウィーンフィルは観客入り演奏会 ベルリンフィルハーモニーはデジタルコンサートホールで細川俊夫室内楽新作

アメリカや日本に対してイケイケ再開系のヨーロッパクラシック界ですが、2020年6月5日にウィーンフィルの演奏会が本拠地ムジークフェラインで行われました。無観客ではなく、100名ではありますが聴衆も入れて。ダニエル・バレンボイム指揮でモーツァルトの27番変ロ長調のピアノ協奏曲と運命。いいプログラムですね。

もっとみる

2020年6月4日現在の内外クラシック業界のうごめき

2020年6月4日現在の内外クラシック業界のうごめきのなかで目についたものいくつかご紹介します。

もっとみる