7月31日(土)のJRAで気になる馬たち(後半レース)
見出し画像

7月31日(土)のJRAで気になる馬たち(後半レース)

後半のレースも気になる馬をあげていきます。
理由が短いのはご勘弁願います。

函館7R
③テイエムタツマキ
休養前はすみれSやゆきやなぎ賞、大寒桜賞と重賞を目指す馬が多く出てくるレースに出走。
先行力ある馬力型で、洋芝もOK。
初ブリンカーも妙味。

函館8R
⑧エンジェルティアラ
再転入の前走でこのクラスでもやれることを証明。
今回は牝馬限定戦で前走より斤量減。
外から先行して。

函館9R 八甲田山特別
②テーオーラファエロ
2600mの適性はあるので、初ブリンカーで流れに乗ることができれば。

新潟9R 麒麟山特別
⑪メイショウオオタカ
ここ目標にじっくり乗りこむ。
この時期なら人気薄のメイショウを狙いたい。

函館10R 美利河特別
⑦モンファボリ
前走勝ったFrankel産駒は追いかけないと。
函館も新馬勝ちした相性のいい競馬場。

函館11R STV杯
⑪アラタ
昇級OKの血統。
距離短縮の流れに乗れば。

函館12R
⑨インヴァリアンス
前走は勝った相手が強すぎた。そこで3着ならこのクラス通用の目途が立った。
捲って抜け出す。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!明日いいことあるかもしれませんね
のだののおと(カレーの王子様、競馬行政書士、こすぎのENGAWAのIT担当)
こすぎのENGAWA共同オーナー。ITを担当してと言われたのでnoteを始めてみる。 競馬好きなので主に馬主申請代行をやっている行政書士になるという。あと、野球も好き。 神奈川県好き。だけど出身地は熱海。熱海は静岡県だぞ。 カレーも好きなのでカレーの王子様を自称しています。