Aya Shirakawa

東京のタロット読みです。タロットの図像、歴史、占い方について学んでいます。読書、観劇、落語が好きです。鑑定活動は現在お休みしています。ヘッダー画像はドク書房さん@dokushobo 作成。最新情報は「お知らせ」マガジンをご覧ください。

ワニといえば、愚者札と対応していた気がするんだけど、何のシンボルだったっけ。何で読んだのか忘れた!

‪そういえば、大国魂神社は手水舎の柄杓が使えなくなっていました。形式はともかく、個人的にはこっちのほうが衛生的で良いと思ったり。御朱印帳も既に書いてある紙?を渡す方式とか。‬
‪(ちなみに多摩地方は23区よりおでかけしてる人が多い印象)‬

昨晩は「占事四傑」鑑定会へ!まさに四傑な先生方にこれでもかという情報量で占って頂きました。あんなに笑ったのいつぶりだろう。大げさじゃなく、生きる元気をたくさんもらえました。本当にありがとうございました。
一夜明けて今日は快晴。府中の大国魂神社までお参りに。心晴れやか。

今日は某お茶会に参加するため麻布十番へ久しぶりに来たら何台も消防車が止まっていてなんだか物々しいかんじ。穏やかな春はまだかしら。

水星逆行と言えば、以前に「魚座の水星なんだから、あなた常に水星逆行してるようなものでしょう」って若手の占い師さんに笑われたことがある。いやいや、ごっちゃにしちゃだめでしょ、暴論。わたし確かに財布も頼まれてた仕事も忘れたりしたけど(笑)、周りの魚座水星さんはみんなしっかり者。

ストレスが溜まったり向き合いたくないことが増えると、過去のことばかり考える癖があります。さながらカップの6の逆位置(わかりづらい)。学生時代のカラオケの十八番がなぜか中森明菜だった私は、2020年気がつけば明菜を観ている。トップテンで歌う明菜、超かわいい。疲れているかもしれない。