西森 寛/希望結社ツクラム

希望結社ツクラム代表。立命館大学法学部卒業後、身体とことばに関心をもち舞台芸術(演劇)に。テクノロジー×ワークショップで「まなび」と「はたらく」をつなげる共創コミュニティを企画運営。自分らしく生きるための学びや場のデザイン、キュレーション、コラボレーションに取り組んでいます。

西森 寛/希望結社ツクラム

希望結社ツクラム代表。立命館大学法学部卒業後、身体とことばに関心をもち舞台芸術(演劇)に。テクノロジー×ワークショップで「まなび」と「はたらく」をつなげる共創コミュニティを企画運営。自分らしく生きるための学びや場のデザイン、キュレーション、コラボレーションに取り組んでいます。

    マガジン

    • オヤノミカタマガジン

      • 41本

      予測不能な社会に生きるわたしたち。過去の経験が通用するか分からない時代に、わたしたちはこどもに何を伝えられるのでしょう。価値観の多様性が認められる世の中で、どんな役割を果たせばいいのでしょう。さあ、常識をリセットし、教育のリデザインを始めよう。

    • まちのきょういく委員会コラム

      まちのきょういく委員会で開催したイベントやワークショップなどの報告レポートや他のイベントやセミナーなどに参加・体験してのコラムです。

    • まちのきょういくマガジン

      • 51本

      このマガジンでは、「まちのきょういく委員会|これからの教育を探究する民間主導の教育プロジェクト」の活動を通じて得られた知見を、世の中に還元しています。 ■ まちのきょういく委員会 → https://machinokyoiku.com ■ 予約ページ → https://machikyo.peatix.com

    • PTA活動を通じて公教育を考える

      公立小学校のPTA活動。まずは飛び込んでみる。そこでの気づきや学びを共有したいなと思います。

    最近の記事

    チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムに参加してみて

    とても気になっていたNPO法人セブン・ジェネレーションズのチェンドリ(チェンジ・ザ・ドリーム)、初めて知ってから早いタイミングで参加することができました。自分の根底で欲している思いは、けっこう叶いやすいものですね。 チェンジ・ザ・ドリームと聞いて、皆さんはどんな印象を受けますか? 僕は、自分の描いている夢を、改めて問い直すことかなと思っていましたが、参加してみてそれほどズレはなかったなと思っています。 公式サイトに掲載されている目的をみると、 言葉って大切なのですが、そ

    スキ
    1
      • ICTの普段使いを支える教材「DQworld」を子どもたちとやってみた

        GIGAスクール構想により、子どもたちへの1人1台の端末やネットワーク環境整備が、自治体によっては3年目、2年目をむかえていると思います。 さて、使い方や制限をどうするか?なんて議論も出てくるかもしれませんが、スマホ、プレステ、スイッチなどとインターネットにつなげたデジタル機器が日常的な今の子どもたちと、そのことを仕事としている大人、そして教育現場との議論って意外にないですよね。 子どもたちはゲームで遊びたい!、そして開発する大人たちは、ゲームを通じて楽しんでほしい!とい

        スキ
        6
        • 金融教育を、木育で言う、木づかい(川上から川下へ)の視点で考えてみる

          3月になり、春の気配が感じられるようになりました。 また、花粉に悩まされ、季節の変わり目は、心身のバランスも崩しやすくなるので、日々のケアを意識していきたいですね。 さて、2022年4月からのスタートとなる高校生の「金融教育」です。 お金って本当に生活する上で必須で、日本も18歳成人になることもあり、必ず身につけてほしいことということになりますね。 とはいえという話につながるのですが、学校を運営する上で、教科書も設備等々も当然どこかに依頼して、その対価としての「金額」とい

          スキ
          5
          • つまずきDB(データベース)で限界突破!

            まちのきょういく委員会 運営メンバー にしやん(希望結社ツクラム)です! 毎月1回水曜日の20時から限界を突破する時間として、 30分間お互いのつまずき共有をしています。 この場合の「つまずき」というのは、もっとこうしたいと思っているけど、どうしたら良いのかわからなく、行動できずに悩んでいる状態や、行動をしているのだけど、うまくいかない壁があり、それもよくわからず困っている状態と定義をします。 最初は小学生のそんな「つまずき」を共有シェアして、一人で悩むではなく、他者

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • オヤノミカタマガジン

            • 41本

            予測不能な社会に生きるわたしたち。過去の経験が通用するか分からない時代に、わたしたちはこどもに何を伝えられるのでしょう。価値観の多様性が認められる世の中で、どんな役割を果たせばいいのでしょう。さあ、常識をリセットし、教育のリデザインを始めよう。

          • まちのきょういく委員会コラム

            • 20本

            まちのきょういく委員会で開催したイベントやワークショップなどの報告レポートや他のイベントやセミナーなどに参加・体験してのコラムです。

          • まちのきょういくマガジン

            • 51本

            このマガジンでは、「まちのきょういく委員会|これからの教育を探究する民間主導の教育プロジェクト」の活動を通じて得られた知見を、世の中に還元しています。 ■ まちのきょういく委員会 → https://machinokyoiku.com ■ 予約ページ → https://machikyo.peatix.com

          • PTA活動を通じて公教育を考える

            • 4本

            公立小学校のPTA活動。まずは飛び込んでみる。そこでの気づきや学びを共有したいなと思います。

          • オヤノミカタマガジン

            • 41本

            予測不能な社会に生きるわたしたち。過去の経験が通用するか分からない時代に、わたしたちはこどもに何を伝えられるのでしょう。価値観の多様性が認められる世の中で、どんな役割を果たせばいいのでしょう。さあ、常識をリセットし、教育のリデザインを始めよう。

          • まちのきょういく委員会コラム

            • 20本

            まちのきょういく委員会で開催したイベントやワークショップなどの報告レポートや他のイベントやセミナーなどに参加・体験してのコラムです。

          • まちのきょういくマガジン

            • 51本

            このマガジンでは、「まちのきょういく委員会|これからの教育を探究する民間主導の教育プロジェクト」の活動を通じて得られた知見を、世の中に還元しています。 ■ まちのきょういく委員会 → https://machinokyoiku.com ■ 予約ページ → https://machikyo.peatix.com

          • PTA活動を通じて公教育を考える

            • 4本

            公立小学校のPTA活動。まずは飛び込んでみる。そこでの気づきや学びを共有したいなと思います。

          記事

          記事をすべて見る
            • 6月公開ミーティングを終えて・・・「教育」の先に何があるのか?

              6月に毎週土日の朝・午後・夜の3回、計24回。 ClubhouseやFacebook、Twitter、InstagramというSNSツールを活用してのオンライン上のミーティング。 「これからの教育」について、参加者各々の実践経験や知見、思いや考えを熱く、時には淡々と、議論をしました。 60分という時間はあっという間だったのは、言わずもがななのですが、やはり教育については、自分たちが通ってきた道であり、子育ての経験だったり、まさに今子ども達と向き合って取り組んでいるという方

              スキ
              2
              • 〇〇〇|公開ミーティング♯8〜28を再開します‼︎

                公開ミーティング1年ぶりの再開今回の公開ミーティングは、最近注目されており、気軽にながらで参加できる音声メディアを活用して、1ヶ月間毎週土日にON AIRします❗️ まちのきょういく委員会でオンラインのクラスをナビゲートしている運営メンバー3人と7月からクラスを担当してくれる新たなナビゲーターがモデレーターとして進めていきます。 学びの場って学校だけじゃない。 学びの軸も学力だけじゃない。 「まちのきょういく委員会」は、これからの教育を考え、実践していく民間主導の教育プ

                スキ
                7
                • さあ、はじまりました。すり足カップ in 大津

                  1/23(土)に開催したみんなのオンライン教室とSDGs狂言のコラボイベント。滋賀県大津市伝統工芸会館で能楽に触れる1日。コロナ禍、緊急事態宣言下でも万全な対策のもと、学びも遊びも止めない!という関係者一同の総意のもと実施をしました。 今回のプログラムは下記の通り ■ 10:30−12:30 みんなのオンライン教室|能楽堂スペシャル ───── 普段、なかなか足を踏み入れることのない能舞台の上で、思いっきり遊んでみる。「サラリーマン狂言」をはじめ数々の創作狂言を生み出して

                  スキ
                  8
                  • 来年に考えていること〜「超脳力くらぶ」

                    年の瀬はバタバタしますね。 来年から小学生と中学生向けに、伏見区深草のFUKAKUSA BASE(仮称)で英語の速読速聴講座をやろうと思っています。もちろんオンラインとオフラインによるEdtech活用です。 COVID-19(新型コロナウィルス)によるGIGAスクール構想の前倒しで、やや埋もれてしまっているかもしれませんが、来年度、中学生の教科書も変わりますので、これまた今までとは違う学びが必要になってきます。 これに取り組もうと思った理由は、難しさを抱える子どもたちが

                    スキ
                    8
                    • 11/14(土) みんなのオンライン教室 YouTubeライブレポ サイコロ演劇

                      「みんなのオンライン教室」は、Zoomをつかって学ぶ新しいカタチの教室。いろんなおとなたちがいろんな世界を魅せていく場です。さあ、今日も新しい世界をのぞいてみよう。 みんなのオンライン教室2回目のYouTubeLIVE配信。今回も運営メンバー3本立てで配信をおこないました。 通常の Zoomで繰り広げられるオンライン教室をYouTubeのLIVE 配信でお届けしよう!というかなり私たちにとっても挑戦的な企画です。 私、にしやんは、サイコロ演劇。 --- イギリス生まれ

                      スキ
                      6
                      • ゆめのたね放送局関西チャンネル「思考する葦」がはじまります

                        先日第1回目の収録が終わりました。 2020年11月から、毎週土曜日 15:30〜16:00ご縁・応援・貢献〜 あなたの夢を応援するインターネットラジオ局「ゆめのたね放送局 関西チャンネル」からラジオパーソナリティーとしての活動もスタートです。 うゎー、ほんと緊張しますねー。 自分の収録内容を聞き返すと、目一杯力入りで、ほんとガチガチでした。 途中、ブルータス(シェイクスピア作品「ジュリアス・シーザー」の登場人物です、わかる人にしかわからない)もでてきましたが・・・。 自

                        スキ
                        1
                        • みんなのオンライン教室 2020夏期講習 開催レポ

                          普段でしたら夏休み期間中は、学校では学べない1Day企画「みんなの夏期講習」というのがあるのですが、今年はコロナ感染症拡大防止、新たなチャレンジ、出会いをもとめてオンライン上での開催となりました。 特別授業を合わせると、全22コマのオンライン授業や体験会となりました。 全体のテーマも「こどもたちの新しい一面を発見したい!」というところから多種多様な先生による授業を展開しました。 夏休みならではの季節感あるイベントや催しも中止となるなかで、少しでも夏休みの思い出づくりに、さら

                          スキ
                          3
                          • 小学生によるれいわのRadio Exercisesはとても楽しい!|8/10 みんなのオンライン教室 夏期講習レポ

                            まちのきょういく委員会 運営メンバー 西森(にしやん)です。 みんなのオンライン教室では、 この夏、こどもたちの新しい一面を発見しよう!と 8月3日(月)から21日(金)までの月・水・金と夏期講習が開催されています。 高校生や大人たちによる多様なオンライン授業、さらに朝のサークルタイムとラジオ体操に、午後のたんきゅうの時間。 子どもたち、そして親子、さらには大人が学び、成長する3つの間(時間・仲間・空間)でワクワク、ドキドキする1日をお届けしています。 夏期講習では、

                            スキ
                            5
                            • バーチャルツアーで美しい世界をのぞいてみる|7/18(土) みんなのオンライン教室 授業レポ

                              久しぶりの投稿です。 まちのきょういく委員会 運営メンバー西森(にしやん)です。 先週の土曜日は、下記のような内容で1時間ほど。2人でツアーに出かけました。 世界は美しさに満ちあふれている!?バーチャルツアーにでかけてみよう! ───── 自分なら選ばないだろうという場所を、あえて選んでみる。そして、作品や展示品などを話しながら鑑賞してみようと思います。自然の圧倒される美しさだけでなく、人の手や思考による美しさというものに触れてみたいと思っています。 #アート鑑賞 #美意

                              スキ
                              9
                              • 動物とともに暮らす世界|6/21(日)みんなのオンライン教室 授業レポ

                                まちのきょういく委員会 運営メンバー にしやん(西森)です。 21日(日)午後は、ゲスト先生によるオンライン授業でした。 カバー画像にも映っているジャンピー先生。 フランスのモンペリエからの中継でしたが、フランスは7時間の時差があるため、まだ朝。ジャンピーは起きることができず、お母さんのなっちゃんがメインの授業となりました。 ジャンピーは、ジャンラックセリアという狩猟犬。とてもあたまが良く、500語ぐらいのことばがわかるそうです。 しかも!来い、待て、伏せなどを日本語、

                                スキ
                                5
                                • 太極という多様性の本質|6/13(土)みんなのオンライン教室

                                  まちのきょういく委員会 運営メンバー にしやん(西森)です。 梅雨入りしてから、またお家で過ごすことが多くなりそうな今日この頃。 ほんとうに久しぶりに「みんなのオンライン教室」の授業レポです。 今日は、推拿とレイキ ゆらね の三木先生によるオンライン授業でした。 整体とは、身近にあるのもので身体を整えること。手当てという言葉に代表されるように「手」を使ってみるということ。「悲しい」とき撫でてあげたり、抱きしめたりすることで、その人が元気に楽になったりする。 そしてバラン

                                  スキ
                                  6
                                  • みんなのオンライン教室3.0に向けて|5/30 オンライン懇談会

                                    まちのきょういく委員会 運営メンバーの西森(にしやん)です。 先日の30日(土)にオンライン懇談会を開催しました。 5月も終わり、6月からいよいよ学校再開となります。 3月の臨時一斉休校からこどもたちの「学びたい」を応援しようと始まった「みんなのオンライン授業」。そして「みんなのオンライン教室」へとアップデートを重ね、こどもたちの意見を聞き、様子をみながら、オンライン懇談会を節目節目で開催し、保護者の皆さんや関わる人たちとの議論を丁寧に重ねながらの3ヶ月間となりました

                                    スキ
                                    3