存在証明
見出し画像

存在証明

山路力也

戦略は皆無。

徒然なるまま心に推移する泡沫を拿捕し、
本能の赴くまま唯只管に駄文を書き綴る、
刹那的かつ知的な快楽に身を委ねた危険な遊戯。

前後即因果の思考回路から生じる短絡性。
論点相違、語義曖昧、又は偶有性に基づく誤解。
多面的な錯覚と断片的な結論を現出させる危険性。
電脳社会に露出した限りなく前衛的な自慰行為。

時に其れは自我と対峙する為の模索。
時に其れは存在を証明する為の嗚咽。

誤謬の認識は真理の発見よりも容易い。
所謂無産階級の防衛本能による愚行。
燕雀焉んぞ鴻鵠の志を知らんや。
雉も鳴かずば撃たれまい。

拙く稚ない思索の蓄積。
淡く切ない記憶の検証。
甘く優しい幻想の具現。
其の果てに朧気に浮遊する光の鍵。
若しくは絶望の扉との邂逅。

時に其れは過去への懺悔。
時に其れは現在の否定。
時に其れは未来への憧憬。
時に其れは自身の肯定。
そして時に其れは他者の受容。

知識無くして正直成るは薄弱にして用を成さず、
正直成らずして知識有るは危険にして恐るべし。

諸行無常是生滅法生滅滅已寂滅為楽。
燃える恋より、冷めた飯。
にんげんだもの。

僕が僕で在る為に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山路力也
フードジャーナリスト/ラーメン評論家/かき氷評論家。著書「トーキョーノスタルジックラーメン」他。連載「SENSE」「シティ情報Fukuoka」他。TV「郷愁の街角ラーメン」(BS-TBS)レギュラー。「作り手の顔が見える料理」を愛し「その料理が美味しい理由」を考えています。