仕事と練習の日々。
見出し画像

仕事と練習の日々。

ユウジロウ

レーシングスクールにはいり、練習がはじまってから、仕事とレースの練習の日々がはじまった。

練習は月にだいたい1,2回のペース。関東の茨城県の、つくばサーキットで、チームにマシンを用意してもらい走行練習をする。

何より大変だったのがお金。練習一日で、少なくとも数万円はかかった。

サーキットの走行費、チームに支払うメンテナンス代(乗るマシンをしっかり走れるよう調整する)、ガソリン代、交通費などなど。

そして、大変だったのが、サーキットに通うこと。当時は広島県に住んでいて、広島から茨木までいっていた。

交通費を少しでもおさえるため、主に深夜の高速バスをつかっていた。それまで、あまり旅行にも行ったことがなく、高速バスを使ったことはなかった。

高速バスはつらかった。夜に広島を出発し、一晩中走って早朝、東京に着く。なかなか熟睡できるものではなく、隣に見知らぬ同じ乗客がいたり、自分にとっては苦痛でしかなかった。

夜に仕事がおわってから、高速バスにのって、朝、東京について、そこからJRでつくばサーキットまでいき、走行練習。その夜、また高速バスでかえるということもしていた。日帰りにすれば、宿泊費も抑えることができた。

そんな感じで、仕事をして、なるべく出費を抑えながら、走行練習を重ねる日々が続いた。

今思えばよくやっていたと思う。それだけ必死にやっていたのかもしれない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
ユウジロウ
人見知り中年男。 30代後半に突然?全く経験のなかった自動車レース🏎️に挑戦し、2年前までレース活動をしていました。 現在、飲食店でバイト生活をしながら、人生というレースを迷走中😅