Y.K

整形外科の文献を中心に紹介し、自分なりの意見も記載しています❗️Twitterの内容から、さらに一歩踏み込んだ内容をお届けします🌟こんな記事が欲しいという方は是非コメントくださいね!
    • 実践!ゼロから学べる足の臨床

      • ¥980 / 月

      本noteマガジンはベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)5名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。噛み砕いてゼロから教えてくれるので足が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

    • Concept of orthopedic 整形リハの考え方

      • ¥500 / 月

      このマガジンでは運動器の文献から得た知識をまとめて発信します!基本的なものから、マニアックなものまで毎週更新します。 twitterの内容から一歩踏み込んだものをこちらで投稿しています! 是非、のぞいてみて下さい☆

    • 実践!ゼロから学べる肩肘の臨床

      • ¥980 / 月

      本noteマガジンはベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。普段エコーなどを使って見えないところを見ながら治療を展開している凄腕セラピストが噛み砕いてゼロから深いところまで教えてくれるので肩の治療が苦手なセラピストも必見のマガジンです!

固定された記事
+1

Concept of orthopedic rehab ~整形リハビリの考え方~

マガジンをリニューアルしました! YouTubeでは触診・エコー画像を配信しています!登録お願いします! 現在の記事(171記事)を部位別にまとめてあります!特に読んで頂…

+12

FAIの評価を徹底解説!

FAIとはFemoroacetabular impingementの略語で、若くて活動的な患者によく生じる疾患と考えられており、大腿骨近位部と寛骨臼の間の異常な接触が生じます。 私の経験では…

+12

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の基礎

大腿筋膜張筋(以下:TFL)と腸脛靭帯(以下:ITB)は臨床において、良い意味でも悪い意味でもよく着目される、筋肉・靭帯のうちの一つだと思います。 TFLとITBは連続して…

+8

股OAと歩行 ~病態・殿筋群の活動から介入を考える!~

股OAは中年~高齢に多く発症し、痛みや歩行障害、酷くなると日常生活動作にも影響を与える疾患になります。股OAのほとんどが二次性の股OAであり、先天性股関節脱臼と臼蓋形…

+15

以外に多い?橈骨神経障害

皆さん上肢の神経障害と言えば ・手根管症候群(正中神経) ・肘部管、ギヨン管症候群(尺骨神経) の二つを思い浮かべる方が多いと思います!橈骨神経障害を真っ先に思い…

+11

面白い! 内・外側縦アーチ それぞれの役割!

歩行を継続するためには、バランスやスピードが複合的に組み合わさった協調的な機能が重要になります。姿勢の安定性が欠ける、歩行スピードが低下すると、安定した歩行が出…