色々あってカードゲームを作りはじめてる

まともなゲームを作るのって、すごく時間がかかるので、とりあえず、ルールと、絵(印刷物)だけあれば完成できるアナログゲームを作りはじめることとなった。

ゲームのプラットホームがかわり、商品単価があがったので、ゲーム制作日記の値段を500円から3500円に引き上げた。

最初に購入してた人はラッキーだ。というか、何もない状況だったのに、購入してくれて、ありがとう。

企画はだいぶできあがってるけど、グラフィッカーの交渉はこれからなので、販売開始は半年先か、それ以上かかりそう。

アナログゲームのメリット 作るべき要素が減る

アナログゲームにすると、まずプログラムを作る必要がなくなるし、あとは音楽周りもいらなくなる。絵も動かさなくてもいいので、アニメーションもいらなくなるし、必要なものが一気に下がる。

アナログゲームのデメリット リスクが増える

現環境の自費制作デジタルゲームの最大メリットは、『ダウンロード販売サイトが利用できる』ことで、

・在庫という負債を抱えるリスクがなくなる
・大手サイトを利用することで、流通が楽

という大きな利点があるけど、
アナログゲームの場合は当然これらのメリットがなく、それが、そのままリスクとなる。

在庫を抱えないといけないし、流通も自分で作らないといけなくなる。

解決策① 本当に好きなものを作る

本当に好きなものを作ってしまえば、それはもう在庫ではなく、ただの宝の山なのでは?

毎日寿司に囲まれていたら、負債だと思わないだろう。それはたくさんの寿司だ。アナログゲームには賞味期限もない。なんの心配もない。

だから、時代を超えて遊べるゲーム、これは作って良かったなと思えるものが作れれば、たとえ売れなかったとしても、作者はしあわせなはずだ。
そういうものに、わたしはなりたい。

この続きをみるには

この続き: 716文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
無事にゲームが完成したらマガジン購読者に、ゲームをプレゼントする予定です。(完成は数年先です)

コツコツ作るゲーム制作日記です。ゲームのネタバレも含まれるので、半非公開な感じで有料マガジンになっています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう!
6
ゲーム制作日誌と、その他生存報告。 Amazonアフェリエイトやってます。

こちらでもピックアップされています

ゲーム制作日記
ゲーム制作日記
  • 4本
  • ¥3,500

コツコツ作るゲーム制作日記です。ゲームのネタバレも含まれるので、半非公開な感じで有料マガジンになっています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。